コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスノスケ Oncorhynchus tshawytscha; Chinook salmon; king salmon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスノスケ
Oncorhynchus tshawytscha; Chinook salmon; king salmon

サケ目サケ科の魚。サケ・マス類中最大の魚で全長 1.6mに達する。体は肥大し,側扁する。口は大きく,眼が小さい。体の背面は青緑色,腹面銀白色で,背面,背鰭尾鰭などに黒色斑点がある。産卵期には側面桃色となり,雄の鉤状になる。秋に産卵するが,遡上期はさまざまで,春から夏,あるいは秋のほか,冬に遡上する群れもある。北太平洋に広く分布する。美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マスノスケ

サケ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスノスケ
ますのすけ / 鱒之介
chinook salmonking salmon
[学]Oncorhynchus tschawytscha

硬骨魚綱サケ科に属する魚。英名はキングサーモン。アジア側はアムール川、北アメリカ側はカリフォルニア州のサクラメント川以北の大きい河川に遡上(そじょう)して産卵する。日本には産卵する河川はない。海洋では亜寒帯水域に広く分布し、日本では新潟県および福島県以北に来遊する。3~6歳で性成熟し、普通全長1メートル前後、ときには2メートルにも及ぶ。体色はほかのサケ・マス類に比べて体全体が黒っぽい。頭部から尾びれまで多くの小黒斑(しょうこくはん)が散在する。産卵期は地域によって異なる。また、稚魚も、すぐ降海するもの、1年以上河川で生活するものなどさまざまである。日本への移殖は、1959年(昭和34)以降幾度も試みられたが成功しなかった。高価な魚でたいへん美味である。[石田昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マスノスケの関連キーワードサケ・マス科のおもな種類マス(鱒)サケ(鮭)母川回帰塩ざけ鮭・鮏塩マス新巻マス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マスノスケの関連情報