コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天塩川 てしおがわ

7件 の用語解説(天塩川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天塩川
てしおがわ

北海道北部を北流する川。全長 256km。北見山地天塩岳 (1558m) 北西麓に発し,名寄川と合流し名寄盆地を貫流する。音威子府 (おといねっぷ) 付近で西流して天塩山地を横断,再び北流して天塩平野を蛇行しながら低湿地を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てしお‐がわ〔てしほがは〕【天塩川】

北海道北部、北見山地の天塩岳に源を発し、北流して天塩町で日本海に注ぐ川。長さ256キロで日本第4位。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天塩川【てしおがわ】

北海道上川地方を北流し,天塩山地に先行谷をつくって,天塩町で日本海に注ぐ川。長さ256km,流域面積5590km2。《津軽一統志》に〈てしほ,川,澗も有〉とあり,川通りに集落が営まれていた。
→関連項目朝日[町]宗谷本線天塩[町]天塩山地中川[町]名寄盆地美深[町]風連[町]幌延[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てしおがわ【天塩川】

北海道北部を流れ日本海に注ぐ川。第2次大戦後,蛇行整正のための捷水路(しようすいろ)工事など河川改修によって大幅に長さを減じたが,幹川流路延長は256kmで石狩川に次ぐ日本第4の長流である。しかし,石狩川に比べ支流が少なく,全流域面積は5590km2で日本第10位である。上流は天塩岳(1558m)など北見山地の西斜面に発し,名寄盆地で北見山地に発する名寄川を合わせる。音威子府(おといねつぷ)から天塩山地の東側を横断し,佐久からは北流,問寒別(といかんべつ)でトイカンベツ川を合わせてふたたび西流し,天塩山地の西側を横断して天塩平野に出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てしおがわ【天塩川】

北海道北部、天塩岳に源を発し、北流して日本海に注ぐ川。長さ256キロメートル。下流に天塩平野をつくる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕天塩川(てしおがわ)


北海道北部、上川(かみかわ)総合振興局管内北部から留萌(るもい)振興局管内北部を流れる川。1級河川(天塩川水系)。延長256km。流域面積5590km2。北見(きたみ)山地の主峰天塩岳に源を発し、名寄(なよろ)盆地を北流、天塩山地北部を横断して日本海に注ぐ。河口近くの約9kmは砂丘列に阻まれて南流する。上流の岩尾内(いわおない)ダムは名寄盆地の灌漑(かんがい)など多目的に利用される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天塩川
てしおがわ

北海道の北部を流れて日本海に注ぐ大河川。一級河川。河道改修で大幅に長さを減じたが延長256キロメートル。信濃(しなの)川、利根(とね)川、石狩(いしかり)川に次ぐ日本第四の長流で、流域面積は5590平方キロメートル。道央の北見(きたみ)山地の天塩岳などの西斜面に発し、名寄(なよろ)盆地を北流して音威子府(おといねっぷ)町で西流に転じ、天塩山地を先行谷で横切り、中川(なかがわ)町でふたたび向きを北に変え、天塩平野に出て海岸に近づくが、砂浜堤に妨げられて海岸に沿って約9キロメートル南下し、天塩町市街付近で日本海に注ぐ。上流域の名寄盆地は稲作の北限地で、発電、灌漑(かんがい)、都市用水に利用され、下流域では乳牛飼養の主畜経営が行われている。河口近くではサケ、マスの養殖事業が行われ、中流でチョウザメの養殖が試みられている。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天塩川の関連キーワード磐井川エルベ川シルダリアダモダル川テムズ川ポー川三面川宜寸川後志利別川留萌川

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天塩川の関連情報