コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッコーミック McCormick, Cyrus Hall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッコーミック
McCormick, Cyrus Hall

[生]1809.2.15. バージニア,ロックブリッジカウンティ
[没]1884.5.13. シカゴ
アメリカの発明家,実業家鍛冶屋を兼業する農家に生れ,初等教育を受けたのみで,父の仕事を手伝う。 1834年刈取機を発明して特許を取り,47年シカゴに工場を建ててその製造を始めた。兄弟および妻と力を合せて会社を発展させた。当時,刈取り作業は膨大な労働を必要とし,農業経営上の重大問題であったため,彼の刈取機はアメリカ国内ばかりでなく,51年のロンドン博覧会 (水晶宮博覧会) 出品を機にヨーロッパにも普及した。ナポレオン3世からレジオン・ドヌール勲章を授与されたほか,数々の栄誉に輝いた。彼の死後,この会社は他の会社と合併して,インターナショナル・ハーベスターとなった。

マッコーミック
McCormick, Robert Rutherford

[生]1880.7.30. シカゴ
[没]1955.4.1. イリノイ,ウィートン
アメリカのジャーナリスト。『シカゴ・トリビューン』紙などによって自由主義の立場から論陣を張った。アメリカ史に関する著作もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マッコーミックの関連キーワードヘイマーケット事件ジャーナリストマーケティング2月15日イリノイ州

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android