マニトバ湖(読み)マニトバコ(英語表記)Lake Manitoba

デジタル大辞泉 「マニトバ湖」の意味・読み・例文・類語

マニトバ‐こ【マニトバ湖】

Lake Manitobaカナダ南部、マニトバ州南部の湖。カナダ楯状地周縁の湖沼群の一つであり、ウィニペグ湖ウィニペゴシス湖と同じく、南北に細長い。水深は浅く、10メートルに満たない。湖岸保養地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「マニトバ湖」の意味・わかりやすい解説

マニトバ湖
まにとばこ
Lake Manitoba

カナダ、マニトバ州南部の湖。ウィニペグ湖の南西に位置する。面積4724平方キロメートル。湖面標高248メートル。北側にあるウィニペゴシス湖とは、狭い地峡で隔てられる。ウィニペグ湖を含めた三湖の地域は、かつては一つの氷河湖アガシー湖とよばれる)であった。夏季は保養地となる。

[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「マニトバ湖」の意味・わかりやすい解説

マニトバ湖
マニトバこ
Lake Manitoba

カナダ,マニトバ州南部の湖。面積 4624km2。北側のウィニペゴシス湖と地峡をへだてて隣接する。東のウィニペグ湖とともに氷河時代のアガシッズ湖の遺跡湖冬季漁業が行われ,南岸デルタには水生鳥類調査所がある。沿岸には針葉樹林帯が広がり,小規模な居住地や夏の保養地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android