マニトバ湖(読み)まにとばこ(英語表記)Lake Manitoba

日本大百科全書(ニッポニカ)「マニトバ湖」の解説

マニトバ湖
まにとばこ
Lake Manitoba

カナダマニトバ州南部のウィニペグ湖の南西に位置する。面積4724平方キロメートル。湖面標高248メートル。北側にあるウィニペゴシス湖とは、狭い地峡で隔てられる。ウィニペグ湖を含めた三湖の地域は、かつては一つの氷河湖(アガシー湖とよばれる)であった。夏季は保養地となる。

[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マニトバ湖」の解説

マニトバ湖
マニトバこ
Lake Manitoba

カナダ,マニトバ州南部の湖。面積 4624km2。北側のウィニペゴシス湖と地峡をへだてて隣接する。東のウィニペグ湖とともに氷河時代のアガシッズ湖の遺跡湖冬季漁業が行われ,南岸デルタには水生鳥類調査所がある。沿岸には針葉樹林帯が広がり,小規模な居住地や夏の保養地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android