コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニフィカト magnificat

翻訳|magnificat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マニフィカト
magnificat

「わが魂は主をあがめ」で始る聖母マリアの賛歌テキストは『ルカによる福音書』1章 46~55と小ドクソロジアから成る。聖務日課の晩課で歌われるほか,多声部の作品も多く,オルガン曲にも作曲される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マニフィカト【Magnificat[ラテン]】

マリアの賛歌。ローマ・カトリック教会の典礼において晩課(晩の祈り)の中心をなす歌。ラテン語での正式の名称はCanticum Beatae Mariae Virginis。歌詞は《ルカによる福音書》第1章46~55節により,その冒頭〈わたしの魂は主をあがめMagnificat anima mea Dominum〉の最初の語にその名称は由来する。マリアがバプテスマのヨハネの母となるべきエリサベツを訪ねたときに受けた受胎告知の祝詞に対して答えた賛美の歌である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マニフィカト【Magnificato】

ルカ福音書のマリア賛歌から歌詞をとり、冒頭の語(「たたえ奉る」の意)を題とした聖歌、および多声楽曲。カトリックでは聖務日課の中心となる感謝の歌で、イギリス国教会・ルター派教会でも歌われる。多声楽曲としてはデュファイなどによる名曲も多く、特にバッハの作品は有名。マグニフィカト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マニフィカトの関連キーワードモラレス(Cristóbal de Morales)ブルゴーニュ楽派マグニフィカトイギリス国教会アンティフォナクリューガーカンティクムアニムッチャグディメルビクトリアケルビーニバンショアデュファイラッススモラレスタバナーサービスゼンフル

マニフィカトの関連情報