コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネキグモ Miagrammopes orientalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マネキグモ
Miagrammopes orientalis

クモ綱クモ目ウズグモ科。雌の体長 1cm,雄は 0.5cm程度。体は灰褐色で,円筒形の腹部には数対の淡色斑がある。第1歩脚が著しく長く,次いで第4,2,3歩脚の順に長い。長い第1歩脚を動かして歩行する様子が人を招いているように見えるのでその名がある。山地の低木や草の間に簡単な条網を張る。本州,四国,九州,沖縄に分布するが,擬態が巧みなため目につきにくい。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マネキグモ
まねきぐも / 招蜘蛛
[学]Myagrammopes orientalis

節足動物門クモ形綱真正クモ目ウズグモ科に属するクモ。山地に普通にみられる褐色の細長いクモ。体長14ミリ前後で脚(あし)を伸ばすと、この2倍ぐらいの長さになる。3、4本の糸の条(すじ)網を張る。糸にかかって歩くようすが人を招いているようにみえるのでこの名がある。枝先にぶら下がっていると折れた木の枝のようにみえる。多くのクモの目は8個(少数のものは6個)であるが、本種は唯一の四眼のクモである。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マネキグモの関連キーワード単層半導体太安萬侶墓ハクサンチドリ(白山千鳥)微気候ポアズ成層葉層斜交成層D☆DATE

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android