コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハゼ Acanthogobius flavimanus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハゼ
Acanthogobius flavimanus

スズキ目ハゼ科の魚。全長 25cmに達する。体は円筒形に近く,後方が側扁する。左右の腹鰭吸盤をつくっている。体側櫛鱗後頭部と頬部と鰓蓋は円鱗でおおわれる。内湾河口などの砂泥底にすみ,ときに淡水域にもすむ。産卵期は2~3月。日本各地に分布し,ごく一般的な釣魚として人気がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マハゼ
まはぜ / 真沙魚
common blackish goby
[学]Acanthogobius flavimanus

硬骨魚綱スズキ目ハゼ科に属する魚。日本産ハゼ類中でもっとも漁獲量が多く、大衆の釣り魚として親しまれている。全長30センチメートルに達する。青森県から九州南部までの日本、朝鮮半島、中国、北アメリカのカリフォルニア、オーストラリアのシドニーに産する。内湾の河口域で、単独で底生生活を送る。食性はゴカイ類、小形の二枚貝などの小動物を主とした雑食。1~5月に産卵する。内湾の浅所の砂泥底中にトンネル状の巣をつくり、その壁に卵塊を産み付ける。雄親魚が卵を守る。仔魚(しぎょ)は孵化(ふか)後1か月余り内湾で浮遊生活を送ったのち、1.5センチメートル余りの稚魚に成長して底生生活に入る。春に孵化した仔魚は、秋には十数センチメートルの大きさに成長する。生後1年で成熟し、寿命は2年以上。[道津喜衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマハゼの言及

【ハゼ(沙魚)】より

…その種数の大きなことから,その形態,生態ともに多岐にわたる。 生息域についても,一生を淡水域だけにすむもの(ドンコ(イラスト),カワヨシノボリ),成長するに従って淡水域と海水域を往来するもの(ヨシノボリ(イラスト),ウキゴリ(イラスト)),河口近くの汽水域にすむもの(マハゼ(イラスト),シロウオ(イラスト)),沖合の比較的深いところにすむもの(リュウグウハゼ,ヤミハゼ)などがある。 生活形態も,砂泥底上にすむもの(マハゼ),岩礁域にすむもの(キヌバリ(イラスト),イソハゼ,クモハゼ(イラスト)),浮遊生活を送るもの(シロウオ,チャガラ),海底に穴を掘ってその中で生活するもの(ワラスボ),干潟の上を徘徊する水陸両生生活をするもの(トビハゼムツゴロウ(イラスト)),淡水の地下水域にすむもの(ドウケツミミズハゼ)などがある。…

※「マハゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マハゼの関連キーワードトラギス(虎鱚)鯊・沙魚・蝦虎魚異時的雌雄同体ドロメ(泥目)ハゼ(沙魚)櫨の木・黄櫨ハゼ(魚類)ラッコールカワアナゴパンダカゴマハゼサンゴ礁ハゼノキイソハゼダボハゼ広塩性性転換負木黄櫨沙魚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マハゼの関連情報