コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マプト(英語表記)Maputo

翻訳|Maputo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マプト
Maputo

モザンビークの首都。旧称ローレンソマルケス Lourenço Marques。港湾都市。モザンビーク南部,インド洋のマプト湾に臨む。1544年ポルトガル商人のローレンソ・マルケスが探検,1787年ポルトガルの要塞が築かれ,1907年ポルトガル領東アフリカの首都となり発展,1976年マプトと改称。港はアフリカ東海岸最大規模で,かつては南アフリカ共和国の金やスワジランドローデシア(現ジンバブエ)などの輸出入港としても利用された。また,気候が良好なため保養地としても人気を集めたが,1975年のモザンビーク独立後に近隣諸国との関係が悪化したため,港湾や観光関連の産業は打撃を受けた。セメント,陶器,家具,石鹸,ゴムなどの工業が盛んで,商工業の発展に伴い市街地や港は再三拡張され,近代都市となった。国際空港,大学,博物館,聖堂,公会堂などがある。人口 112万200(2009)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マプト

モザンビークの首都。旧称ロレンソ・マルケス。1976年現名。インド洋岸デラゴア湾に臨む港湾都市で,南ア共和国のプレトリア(ツワネ)までは鉄道で約560km。商業・貿易の中心で,観光・保養地としても有名。大学(1963年創立)がある。1502年バスコ・ダ・ガマの船隊に属するポルトガル人が来航,1544年ポルトガル商人ロレンソ・マルケスが開発に着手。旧名は彼にちなむ。一時オランダ領となったが,1781年ポルトガル領に復した。109万4628人(2007)。
→関連項目モザンビーク(国)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マプト【Maputo】

アフリカ南東部,モザンビーク共和国の首都。人口93万2000(1991)。旧称ロレンソ・マルケスLourenço Marquesで,モザンビーク独立(1975)の翌76年現名に改称された。国の南部のインド洋岸,デラゴア湾に注ぐエスピリト・サント川の河口に位置する港湾都市である。南アフリカ共和国,スワジランド,ジンバブウェに通じる鉄道や道路の起点であり,国際空港もある。南ア共和国,スワジランドなどの鉱産物,ワタ,砂糖,サイザル麻,コプラ,木材などを輸出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マプトの関連情報