コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭) ママコノシリヌグイPersicaria senticosa(Polygonum senticosum)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭)
ママコノシリヌグイ
Persicaria senticosa(Polygonum senticosum)

タデ科の一年草。日本全土,東アジアに分布する。原野路傍水辺に生える。茎はつる状でよく分枝し長さ1~2m。全体に細毛があり,逆向きのとげで他のものにひっかかる。葉は三角形で先はとがり緑色。葉鞘は筒状で短い。6~10月頃,頭状に数個小花がつく。花序の下に腺毛がある。5枚ある萼片は紅色花弁はない。痩果球形で3稜があり,黒色に熟する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭)の関連キーワードタデ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android