マリス(読み)まりす(英語表記)Roger Maris

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリス(Roger Maris)
まりす
Roger Maris
(1934―1985)

アメリカのプロ野球選手(右投左打)。1957年から大リーグ(メジャー・リーグ)のクリーブランド・インディアンス、カンザスシティ・アスレチックス(現オークランド・アスレチックス)、ニューヨーク・ヤンキース、セントルイス・カージナルスで外野手としてプレーした。1961年にベーブ・ルースのもつ年間ホームラン記録を34年ぶりに更新する年間61本の大リーグ新記録(当時)を樹立したことで知られる。
 9月10日、ミネソタ州のヒビングで生まれる。アスレチックスからヤンキースにトレードされた1960年、ホームラン39本、打点112で初の最優秀選手賞(MVP)を受賞。翌61年、同じチームのミッキー・マントルとともにホームランを量産し、この強打コンビはそれぞれの頭文字をとって「MM砲」と命名された。これがのちに東京読売ジャイアンツの王貞治(おうさだはる)、長嶋茂雄(ながしましげお)のコンビが「ON砲(オーエヌほう)」とよばれる由来となった。1961年の2人のホームラン合戦は途中でマントルが故障で戦列を離れて決着がついたが、マリスはその後も打ち続け、9月26日に大リーグタイ記録となる60号、シーズン最終戦の対ボストン・レッドソックス戦には、新記録となる61号を放った。この年、ホームラン王を獲得するとともに、打点(142)、得点(132)もリーグトップで、2年連続のMVPに輝いた。しかし、その後は故障などに悩まされ、1967年にカージナルスに移籍。同年のワールド・シリーズで打点7の活躍をみせて優勝に貢献し、リーグ優勝した1968年に引退した。
 12年間の通算成績は、出場試合1463、安打1325、打率2割6分、本塁打275、打点851。獲得したおもなタイトルは、本塁打王1回、打点王2回、MVP2回、ゴールドグラブ賞1回。[出村義和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マリスの関連情報