コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリン マリン Marin, John

5件 の用語解説(マリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリン
マリン
Marin, John

[生]1870.12.23. ラザフォード
[没]1953.10.1. アディソン
アメリカの画家。建築家として活躍したのち,フィラデルフィアのペンシルバニア・アカデミー,ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで絵画を学び,画家に転じた。 1905年ヨーロッパに留学,水彩や銅版画を学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マリン(marine)

《「マリーン」とも》外来語の上に付いて複合語をつくり、海の、海洋の、海上の、などの意を表す。「マリンルック」「マリンタワー」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マリン

米国の画家。ニュージャージー州生れ。初め建築家となるが,1899年画家を志し,アート・スチューデンツ・リーグなどで学ぶ。また1905年―1911年にはヨーロッパに滞在。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

マリン【marine】

「海の」「海上の」の意。多く他の外来語と複合して用いる。マリーン。 「 --タワー」 「 --パーク」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリン
まりん
John Marin
(1870―1953)

アメリカの風景画家、水彩画家。ニュー・ジャージーに生まれ、ペンシルベニア美術学校でアンシュッツに絵を学ぶ。1905年に赴いたパリでは、ホイッスラーセザンヌの感化を受けている。写真家スタイケンの紹介で09年スティーグリッツ291ギャラリーで個展を開いて以来、スティーグリッツ・グループの中心的存在となった。14年からメーン州の海と山の美しさにひかれ、主として水彩で晩年まで描き続けた。四隅を白いままで残した画面に、都市や海、山の風景をキュビスムを加味した様式で描いたが、軽快なタッチで一気にまとめる動勢あふれる風景は広く支持された。[桑原住雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリンの関連キーワード海の家海の幸湖海の士山海の珍味海の神海の底海の原大海の一滴海の一一〇番長野県南佐久郡南牧村海ノ口

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリンの関連情報