コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルア マルア Maroua

2件 の用語解説(マルアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マルア(Maroua)

カメルーン北部の都市。極北州の州都。サハラ砂漠南縁のサヘル地帯に位置する。綿花の集散地。かつてはメッカ巡礼の中継地として知られ、現在もイスラム教徒が多く居住する。ワザ国立公園への観光拠点。マルワ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マルア

カメルーンの北部の都市。マンダラ山地の山麓に位置し,周辺からの道路が集まる主要な交易の中心地となっている。またこの地域の行政,観光の中心でもある。ラッカセイ,綿花などの栽培や牧畜が行なわれ,食品加工,織物などの工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マルアの関連キーワードカメルーンカメルーン山バメンダブエアマンダラ山地エボロワタトラ山地カメルーン火山列なんだらまんだらベヌエ[川]

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルアの関連情報