マルゲリータ・ディ・パルマ(英語表記)Margherita di Parma; Margarete von Österreich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルゲリータ・ディ・パルマ
Margherita di Parma; Margarete von Österreich

[生]1522.12.28. アウデナルデ
[没]1586.1.18. オルトナ
パルマ公妃。ドイツ名マルガレーテ。スペイン王カルロス1世 (神聖ローマ皇帝カルル5世 ) の庶子で,フェリペ2世の義姉。 1536年フィレンツェ公と結婚したが死別し,38年パルマ公オッタビオ・ファルネーゼと結婚。 59年フェリペ2世の意を受け,スペイン領ネーデルラントに対する支配を強化するため,総督となり,絶対主義的政策を遂行したが,ネーデルラントの貴族や商人の反抗が強まったために,アルバ公のブリュッセル到着に伴い退任 (1567) 。息子のアレッサンドロ・ファルネーゼがネーデルラントの軍司令官になり,やがて正式に総督になる前後,再度その内政を担当した (81~83) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルゲリータ・ディ・パルマ
まるげりーたでぃぱるま
Margherita di Parma
(1522―1586)

パルマ公妃、スペイン領ネーデルラントの摂政(せっしょう)。神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王カルロス1世)の庶子としてネーデルラントで生まれる。1536年フィレンツェ公メディチ家のアレッサンドロと結婚、翌年夫が暗殺される。38年パルマ公と再婚、これも不幸であった。男勝りの性質で59年フェリペ2世からネーデルラントの摂政に任ぜられて属領政策に協力したが、反抗・独立運動に直面し、67年アルバ公と交代してイタリアへ隠退した。[諸田 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android