マルチネス(読み)まるちねす(英語表記)Pedro Jamie Martinez

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルチネス(Pedro Jamie Martinez)
まるちねす
Pedro Jamie Martinez
(1971― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のロサンゼルス・ドジャース、モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)、ボストン・レッドソックスニューヨーク・メッツで投手としてプレー。時速150キロメートル台後半の速球、高速スライダー、チェンジアップで打者を翻弄(ほんろう)する「現球界最高の右腕」である。
 10月25日、ドミニカ共和国のマノグアヤボで生まれる。母国のオハイオ・ドミニカン大から1988年、ドラフト外でドジャースに入団。1992年に大リーグへ初昇格したが、当時のエースは兄ラモン・マルチネスRamon Jaime Martinez(1968― )であった。1993年の途中から大リーグに定着し、中継ぎとして10勝をあげた。そのシーズンオフにエクスポズへトレードされ、1994年からは先発専任となって毎年2桁(けた)勝利をマークするようになった。1997年には17勝8敗、奪三振305の好成績に加えて、防御率1.90で最優秀防御率のタイトルも獲得し、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞のこと)を受賞した。1998年にはふたたびトレードされ、レッドソックスへ移籍。1年目こそ無冠に終わったが、1999年は23勝、防御率2.07、奪三振313で投手三冠王となり、2回目のサイ・ヤング賞に選ばれた。この年、オールスター・ゲームで先発し、先頭打者から4者連続三振という快投もみせた。2000年も最優秀防御率と奪三振王の二冠王となり、2年連続でサイ・ヤング賞を受賞した。2001年は故障で7勝にとどまったが、02年は完投を減らして対処し、最優秀防御率と奪三振王の二冠王に返り咲き、03年にも防御率2.22で最優秀防御率に輝いた。2004年は16勝をマークして、レッドソックス86年ぶりのワールド・シリーズ優勝の立役者の一人となった。同年シーズンオフにFA(フリーエージェント)でメッツに移籍した。[山下 健]

2005年以降

メッツ移籍1年目の2005年は31試合に先発し、チーム最高の15勝をあげた。また、奪三振208はリーグ3位タイで、4年連続奪三振200以上を記録。2006年は通算200勝を達成するも、右肩の故障などもあり、登板23試合、9勝8敗に終わった。前年の故障から戦列に復帰したのは2007年の9月。最終的には5試合の登板にとどまり、3勝1敗に終わったが、復帰戦となった9月3日の対シンシナティ・レッズ戦で、大リーグ史上15人目の通算3000奪三振を達成した。
 2007年までの通算成績は、登板試合447、投球回2673と3分の2、209勝93敗、防御率2.80、奪三振3030、完投46、完封17。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最優秀防御率5回、最多奪三振3回、サイ・ヤング賞3回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルチネスの関連情報