コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチ・キャリア・パス

人材マネジメント用語集の解説

マルチ・キャリア・パス

・multi-career path
・従来の正社員を想定したキャリアパスのみでなく、多様な人材に対応した複数のキャリアパス(複線型キャリアパス)を設定し人材の処遇、キャリアを実現していく仕組みのこと。
・外部労働市場や内部労働市場における人材の流動化が進み、中途採用者の増加だけでなく、契約社員、パート・アルバイト、派遣社員等従来の基幹社員の範疇に属さない多様な雇用形態の発生を促している。この結果これまでの人事制度等で想定している昇進制度では処遇しにくい人材が増加している。この結果、企業としても多様化した人材を適切に処遇することでモチベートし、コア戦力として最大限活用することが必要になってきている。
・従って、雇用形態等にとらわれない、複数の昇進コースや昇進ルールを設定することによって、多様な人材を本人の能力や希望に沿って管理・処遇する制度を実現していく必要性が高まっている。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

マルチ・キャリア・パスの関連キーワードcareer anchorキャリアパス多部門成長論MFADTMFDVDマルチドライブマルチスライスCTマルチメディアカードトヨタ IMTSノイマン型コンピュータ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android