コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルティノン Martinon, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルティノン
Martinon, Jean

[生]1910.1.10. リヨン
[没]1976.3.1. パリ
フランスの指揮者,作曲家。パリ国立音楽院で作曲を A.ルーセル,指揮を C.ミュンシュに学ぶ。 1950年ラムルー管弦楽団の指揮者,60~66年ジュッセルドルフ交響楽団,63~68年シカゴ交響楽団,以後フランス国立放送管弦楽団の指揮者を歴任。6曲の交響曲ほかの作品がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

マルティノン

指揮者としても活動したフランスの作曲家。日本へも3度訪れている。リヨンとパリの音楽院でヴァイオリンを学び、卒業後もルセルに作曲を、ミュンシュとデゾルミエールに指揮を師事した。指揮者としてのデビューよ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルティノン【Jean Martinon】

1910‐76
フランスの作曲家,指揮者。パリ音楽院で学び,最初,作曲家として活動。合唱曲《詩篇第136編,囚われの歌》(1942)によりパリ市大賞を,《弦楽四重奏曲》(1946)によってバルトーク賞を受けている。一方,1944‐46年パリ音楽院管弦楽団でミュンシュの補助指揮者を務めたのち,ボルドー交響楽団の指揮者となる。53年に初来日しているが,世界各地のオーケストラの指揮者を務め,63年シカゴ交響楽団の音楽監督および指揮者。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルティノン
まるてぃのん
Jean Martinon
(1910―1976)

フランスの指揮者。リヨンに生まれ、パリに没。パリ音楽院でバイオリンを、卒業後ルーセルに作曲、ミュンシュに指揮を学ぶ。創作活動ののち指揮に転じ、1946年パリ音楽院管弦楽団指揮者に迎えられたのを手始めに、ラムルー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、デュッセルドルフ交響楽団、シカゴ交響楽団、フランス国立放送管弦楽団(現フランス国立管弦楽団)の常任指揮者や音楽監督を歴任した。53年(昭和28)初来日。典雅な演奏スタイルと清澄な響きに特色があり、とくにフランス近代音楽で高い境地を示した。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルティノンの関連キーワードパンノンハルマのベネディクト派修道院ハーグ・レジデンティ管弦楽団1月10日若杉弘

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルティノンの関連情報