コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガニン manganin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガニン
manganin

銅にマンガン 12%,ニッケル4%を加えた合金室温での抵抗率は 42×10-6Ωcm と大きく,またその温度係数 (温度による抵抗値変化率) が0に近いので,コンスタンタンと同様,精密電気計器類の標準抵抗線として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マンガニン

銅にマンガン10〜15%,ニッケル1〜5%を加えた合金。温度による電気抵抗がほとんど不変,銅線につないだときの起電力が小さいことが特徴で,標準抵抗線,精密電気計測器などに使用。
→関連項目銅合金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンガニン【manganin】

標準電気抵抗用の線として広く使われている,銅85%,マンガン12%,ニッケル2%,鉄1%の合金。電気抵抗の温度による変化が少なく,銅線とつないだときの起電力が低い。線引きして作った線を150℃で安定化の焼きなまし処理をすると電気抵抗の経時変化が少なくなる。【大久保 忠恒】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マンガニンの関連キーワードブリッジマンマンガン青銅電気標準温度係数超高圧圧力計分流器抵抗器日射計

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android