マンガン酸カリウム(読み)マンガンさんカリウム(英語表記)potassium manganate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガン酸カリウム
マンガンさんカリウム
potassium manganate

化学式 K2MnO4 。暗緑色の結晶。 500℃以上で分解し,亜マンガン酸カリウム K2MnO3 となる。水およびアルカリ溶液に可溶酸化剤であり,塩酸と反応すると塩素を発生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンガンさんカリウム【マンガン酸カリウム potassium manganate】

化学式K2MnO4。酸化数VIのマンガンのオキソ酸であるマンガン酸H2MnO4(得られていない)のカリウム塩。暗緑色斜方晶系結晶。比重5.18。500℃以上に熱すると酸素を放ってK2MnO3になる。酸性,中性あるいは弱アルカリ性水溶液中では不均化し,酸化マンガンと赤色の過マンガン酸カリウムになる(カメレオン水)。 3MnO42-+4H―→2MnO4+MnO2+2H2O 工業的には,パイロルース鉱にKOHを加え,空気を通じながら加熱融解してつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンガン酸カリウム
まんがんさんかりうむ
potassium manganate

マンガン酸塩の一つ。マンガン()酸カリウムともいう。化学式K2MnO4、式量197.1。二酸化マンガンを水酸化カリウム、硝酸カリウムとともに融解して冷水で抽出するか、水酸化カリウム水溶液に過マンガン酸カリウムを加え、緑色になるまで加熱してから冷却すると、暗緑色の結晶(斜方晶系)として得られる。比重2.778。2M水酸化カリウム水溶液には、22.478g/100g(20℃)溶ける。500℃以上に熱すると酸素を放ってK2MnO3となる。水または酸により二酸化マンガンと過マンガン酸カリウムに分解し、溶液の色が緑色から赤紫色に変わる。これに過剰のアルカリを加えるとふたたび緑色となる。このためマンガン()酸カリウムの水溶液をカメレオン液ということがある。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android