コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンドラン Louis Mandrin

世界大百科事典 第2版の解説

マンドラン【Louis Mandrin】

1724‐55
フランスの義賊。ドーフィネ地方の町サンテティエンヌ・ド・サン・ジョアールの生れ。父親は馬を扱う商人として産をなした。マンドランも父の仕事を受け継ぎ,オーストリア継承戦争(1740‐48)の間には,イタリア戦線にあったフランス軍に軍馬,糧秣を納入したが,徴税請負人の奸計に陥って支払いを受けられず,家産のほとんどを失った。これをきっかけに,マンドランは,徴税請負人に対する反感をつのらせ,彼らの独占物であったタバコや塩などの密輸を業とする山賊へと転身する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマンドランの言及

【義賊】より

…典型的には,中世イングランドの伝説化された存在であるロビン・フッドが挙げられるが,同様の事例は前近代の農村社会には広く見いだすことができる。ロシアのステンカ・ラージン,フランスのマンドラン,スロバキアのヤノチック,アンダルシアのディエゴ・コルリエンテス,スコットランドのロブ・ロイなど,みなそうであった。ラテン・アメリカ,アジアなどでは,19,20世紀にも多くの事例を見いだすことができる(ブラジルのカンガセイロなど)。…

※「マンドラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンドランの関連キーワードフェリペフェリペ[5世]近松門左衛門近松門左衛門墓アーサフ・ジャーアワド王国ハイデラバード王国ベネディクツス13世デフォーフェリペ(5世)

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android