コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンボ mambo

翻訳|mambo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンボ
mambo

ラテンアメリカのダンスリズムの一つ,またその音楽ルンバジャズ要素を加えた4分の4拍子の音楽で,1943年頃 P.プラド大成。主として管楽器打楽器を使い,新しいステップの踊りとともに 50年代には全世界に流行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マンボ

キューバのダンス音楽。1940年代に,ソンson,ダンソンなど従来のキューバ音楽の変奏法としてA.サカサスらによって始められた。フル・バンド・ジャズの影響を受けたペレス・プラード楽団が演奏して,キューバ,米国,メキシコで流行。
→関連項目プエンテ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンボ【mambo】

キューバ音楽の一形式。本来は,キューバの民衆的な舞曲ソン・モントゥーノson montunoやダンソンdanzónの反覆部に挿入される倍テンポの部分(2小節単位を4回繰り返すのが普通)をいい,1940年ころアンセルモ・サカサス,フリオ・グティエレス,カチャーオら,もしくはアルセニオ・ロドリゲスが考案したとされている。そのスピード感のあるリズムに,歯切れのいいサックスやトランペットのアンサンブルを組み合わせて新しい音楽を創始したのが,キューバ生れのピアニスト,ペレス・プラードPerez Pradoで,49年ころから《エル・マンボQue Rico El Mambo》《マンボNo.5》などのレコードをメキシコで録音し,そのダンス・ステップとともに世界的なセンセーションを巻き起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マンボ【mambo】

ラテン音楽の一つで、ルンバを基にした四分の二拍子のダンス曲。また、そのリズムやダンス。メキシコに興り、キューバ出身のピアノ奏者ペレス=プラドによって、1950年代に世界的に流行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンボ
まんぼ
mamboスペイン語

1940年代なかばに、キューバのルンバを基礎とし、ジャズの要素を取り入れて派生した社交ダンス。のちチャチャチャの母体となった。創始者の1人ペレス・プラードは、ジャズの和声やグリッサンドなどの奏法と、キューバ独特のダンスのリズムとを組み合わせて、マンボの曲を数多くつくり、のちに「マンボ王」とよばれるようになった。マンボはアメリカでは40年代後半に、プラードの楽団によって有名になり、55年以降にはヨーロッパやアジアにも広まった。マンボの踊り方はたいていのダンスとは異なり、4分の4拍子の4拍目からステップが始まるのが特徴的である。[由比邦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマンボの言及

【社交ダンス】より

…闘牛場での行進曲として名高い〈パソドブレ〉は,スペインをはじめ,ヨーロッパのラテン系諸国,中南米諸国で踊られ,第2次大戦後,イギリスでも踊られた。ペレス・プラードが編曲し発表した〈マンボ〉は1940年代末から流行し,50年代には〈チャチャチャ〉が世界的に歓迎された。同じころジャズのリズムはジルバを生み,ブギウギの曲で踊られ,第2次大戦中イギリス,フランスに上陸したアメリカ兵によって広められた。…

※「マンボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンボの関連キーワード有馬徹とノーチェ・クバーナチェリー・ピンク・マンボ三重県いなべ市大安町片樋アフロ・キューバン音楽アントニオ バンデラスイシュメール リードラテンアメリカ音楽ホウ・シャオシェンペレス プラードラテンアメリカアート ネビルモノモタパ王国マンボスタイルドラムマシーンパラダイス山元マンボズボン山田かつろうセブンネオンカミギン島ブードゥー

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンボの関連情報