コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マート Maat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マート
Maat

古代エジプトの神。権利と真実と正義の女神。レーの娘で腹心の友。「マートの主人」と呼ばれるトートの妻。直立あるいは膝を曲げてすわり,頭にだ鳥の羽を載せている女の姿で表現される。オシリスの裁きの間で人間の魂が真実かどうかをはかる。正義,真実を好む神々は,マートの小像の供物を最も喜んだという。宗教改革を行なったことで有名なアメンホテプ4世 (→イクナートン ) の標語は「マートにおいて生きる」ことであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マート【mart】

市場。商業中心地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マート
まーと
Mat

最古の時代から知られている古代エジプトの女神で、真実、法、権利、秩序をつかさどり、死者の裁判で重要な役割を果たした。このためギリシア人はマートをギリシアの女神テミスと同一視した。マートは太陽神ラーの娘とされ、トト(原語ではジェフティ)神の助言のもとに、プタハ神およびフヌム神とともに創造の作業を行った。マート神のシンボルは羽毛で、これは『死者の書』では、死者の心臓を量る秤(はかり)の一方にのせる分銅として描かれている。普通名詞としてのマートは古代エジプト人の道徳観を表しており、王たちはしばしば「マートにおいて生命あり」ということばを記し、マートを守ることを誓った。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マートの関連キーワードPowder Snow~永遠に終わらない冬~Joy☆TotalClinicアジア太平洋トレードセンターアナリティカルCRM分析南九州ファミリーマートファミリーマート[株]エービーシー・マートおとなコンビニ研究所カドフィセス(2世)Love is...am/pmジャパンジョー ビショップマトゥラ考古博物館ロッド・キャニオンファミリーマートカニシカ王立像いちやまマートファミマ!!アメンホテプTOMONY

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マートの関連情報