コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクリッツ病 ミクリッツびょう Mikulicz's disease

2件 の用語解説(ミクリッツ病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクリッツ病
ミクリッツびょう
Mikulicz's disease

J.ミクリッツが 1888年に報告した良性の無症候性両側性涙腺・唾液腺肥大症。症状としては,両側の涙腺,唾液腺が対称的に腫張する。そのほかにも涙腺,唾液腺の圧迫による視力障害,聴力障害,口内乾燥,咀嚼障害などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクリッツ病
みくりっつびょう
Mikulicz' disease

両側の涙腺(るいせん)や唾液(だえき)腺(耳下(じか)腺、顎下(がくか)腺)にリンパ球が浸潤して痛みを伴わない持続性の腫脹(しゅちょう)がみられる、良性で慢性に経過する疾患。免疫グロブリンG(IgG)の関与が疑われる自己免疫疾患と考えられているが、原因は明らかになっていない。ドライマウスやドライアイなどシェーグレン症候群に似た症状も呈するが、その程度は軽度である。長年にわたってシェーグレン症候群の一型とされてきたが、独自の免疫性疾患とも考えられている。自己免疫性膵(すい)炎、自己免疫性下垂体炎、間質性腎(じん)炎などをしばしば合併し、男女差は認められない。悪性リンパ腫など明らかな基礎疾患をもつものはミクリッツ症候群として扱われる。
 診断法も確立していないが、シェーグレン症候群と違って、副腎皮質ステロイド薬による薬物治療により腺の腫脹が著しく改善されることが特徴である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミクリッツ病の関連キーワードクリップサンモリッツリットル病コーングリッツスティグリッツ国連報告グリッツ月刊スピリッツビアプリッツフリッツ,J.ミクリチ・ラデツキー,J.von

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone