コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミコノス島 ミコノスとう Nísos Míkonos

3件 の用語解説(ミコノス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミコノス島
ミコノスとう
Nísos Míkonos

古代ギリシア語読みではミュコノス Mykonos。ギリシアエーゲ海南部,キクラデス諸島中部の島。同諸島最大のナクソス島の北約 20kmに位置する花崗岩の島で,西岸に中心集落ミコノスがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミコノス‐とう〔‐タウ〕【ミコノス島】

MikonosΜύκονος》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島の北東部に位置する。主な町は同島西岸の港町ミコノス。ワインチーズ、蜂蜜の生産が盛ん。古代にはアテネ同盟に属した。ベネチア共和国オスマン帝国の支配の後、1822年よりギリシャ領となった。白壁の家や教会、粉ひき風車などで知られ、同国屈指の国際的な観光地として有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミコノス島
みこのすとう
Mkonos

ギリシア南東部、キクラデス諸島北東部の島。面積85平方キロメートル、人口9660(2001)。島の中心地は西岸の港町ミコノス。乾燥した岩がちな風土で、ワイン、蜂蜜(はちみつ)、チーズを産物とする。古代にはアテネ同盟に属した。ベネチア領、オスマン・トルコ領を経て1822年よりギリシア領。白壁の家や風車のある風景に恵まれ、海水浴場や遺跡もあり、1960年代以降は観光地として栄えている。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミコノス島の関連キーワードアガメムノンの墓アギウパンテレイモン修道院Άγιον ΟροςΚοσκινούΜύκονοςΦύσκος

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミコノス島の関連情報