コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミコノス島 ミコノスとうNísos Míkonos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミコノス島
ミコノスとう
Nísos Míkonos

古代ギリシア語読みではミュコノス Mykonos。ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島中部の島。同諸島最大のナクソス島の北約 20kmに位置する花崗岩の島で,西岸に中心集落ミコノスがある。ワイン,蜂蜜,チーズ,オリーブ油などを産し,漁業も行われるが,近年観光業が急速に発展。ピレエフスと海路で結ばれ,西にあるデロス島への観光起点でもあり,同島からの出土品を蔵する美術館がある。面積 85km2。人口 5503 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミコノス‐とう〔‐タウ〕【ミコノス島】

MikonosΜύκονος》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島の北東部に位置する。主な町は同島西岸の港町ミコノス。ワイン、チーズ、蜂蜜の生産が盛ん。古代にはアテネ同盟に属した。ベネチア共和国オスマン帝国の支配の後、1822年よりギリシャ領となった。白壁の家や教会、粉ひき風車などで知られ、同国屈指の国際的な観光地として有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミコノス島
みこのすとう
Mkonos

ギリシア南東部、キクラデス諸島北東部の島。面積85平方キロメートル、人口9660(2001)。島の中心地は西岸の港町ミコノス。乾燥した岩がちな風土で、ワイン、蜂蜜(はちみつ)、チーズを産物とする。古代にはアテネ同盟に属した。ベネチア領、オスマン・トルコ領を経て1822年よりギリシア領。白壁の家や風車のある風景に恵まれ、海水浴場や遺跡もあり、1960年代以降は観光地として栄えている。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミコノス島の関連キーワードパラポルティアニ教会プラティスヤロスMíkonosティノス島パロス島パリキア

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミコノス島の関連情報