コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズウオ Alepisaurus ferox; long snouted lancetfish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズウオ
Alepisaurus ferox; long snouted lancetfish

ヒメ目ミズウオ科の海水魚。全長 2m内外。体は著しく延長し,側扁する。吻は長く,先端がとがる。口は大きく,両顎に鋭い歯がある。背鰭は大きく帆状で,その基底は体の背面の大部分を占める。体の背部は暗青色で,十数条の暗色斜走帯がある。腹側は白色。背鰭は基部が暗青色,縁辺部は黒色で,多数の黒点が散在する。深海性(→深海魚)。マグロ延縄にかかるほか,かつて行なわれていたサケ流し網にかかっていた。北海道南岸以南,世界中の海域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズウオ
みずうお / 水魚
lancetfish
[学]Alepisarus ferox

硬骨魚綱ハダカイワシ目ミズウオ科に属する海水魚。太平洋、インド洋、大西洋などから報告されている。体の背方は暗青色、腹方は銀白色である。大きく幅広い背びれを有し、その後方に小さな脂びれがある。口が大きく、両顎(りょうがく)の歯、口蓋骨(こうがいこつ)の歯は大きく鋭い。深海性であるが表層にも現れる。胃の内容物に各種の深海性魚類が発見される場合が多いが、プラスチックや人工物も発見されるので、身近なものはなんでも飲み込む習性があると考えられる。背びれ32~41軟条、臀(しり)びれ13~18軟条。駿河(するが)湾の湾奥部分、とくに三保海岸に打ち上げられたものが多数採集されている。肉は水っぽく、食用にされない。世界で2種類が報告されている。[上野輝彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミズウオの関連キーワードミズウオ(水魚)ミズウオダマシ正真骨類円鱗類水魚騙

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android