コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズウオ ミズウオ Alepisaurus ferox; long snouted lancetfish

2件 の用語解説(ミズウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズウオ
ミズウオ
Alepisaurus ferox; long snouted lancetfish

ヒメ目ミズウオ科の海水魚。全長 2m内外。体は著しく延長し,側扁する。吻は長く,先端がとがる。口は大きく,両顎に鋭い歯がある。背鰭は大きく帆状で,その基底は体の背面の大部分を占める。体の背部は暗青色で,十数条の暗色斜走帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズウオ
みずうお / 水魚
lancetfish
[学]Alepisarus ferox

硬骨魚綱ハダカイワシ目ミズウオ科に属する海水魚。太平洋インド洋大西洋などから報告されている。体の背方は暗青色、腹方は銀白色である。大きく幅広い背びれを有し、その後方に小さな脂びれがある。口が大きく、両顎(りょうがく)の歯、口蓋骨(こうがいこつ)の歯は大きく鋭い。深海性であるが表層にも現れる。胃の内容物に各種の深海性魚類が発見される場合が多いが、プラスチックや人工物も発見されるので、身近なものはなんでも飲み込む習性があると考えられる。背びれ32~41軟条、臀(しり)びれ13~18軟条。駿河(するが)湾の湾奥部分、とくに三保海岸に打ち上げられたものが多数採集されている。肉は水っぽく、食用にされない。世界で2種類が報告されている。[上野輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズウオの関連キーワード飛魚胡瓜魚草魚柳葉魚蝶蝶魚笛奴鯛ランプフィッシュ大海馬団子魚ミズウオ(水魚)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミズウオの関連情報