コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミソガワソウ Nepeta subsessilis Maxim.

2件 の用語解説(ミソガワソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミソガワソウ【Nepeta subsessilis Maxim.】

深山の草地に群生するシソ科の多年草イラスト)。茎は四角形で直立し,高さ50~100cm,全体に微細な毛がある。葉は対生し,長卵形で長さ6~14cm,鋸歯があって先はとがる。花は7~8月ころに茎の先端に花穂を作って多数つき,藍紫色。萼は筒状で15脈があり,先は5裂してするどくとがる。花冠は長さ25~30mm,長い筒のある2唇形で,下唇は少し大きく,3裂して中央裂片には紫色の斑点がある。おしべは4本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミソガワソウ
みそがわそう / 味噌川草
[学]Nepeta subsessilis Maxim.

シソ科の多年草。茎は四角形で直立し、高さ0.5~1メートル、微細な毛がある。葉は対生し、長卵形で長さ6~14センチメートル、縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、両面ともにまばらに細毛がある。7~8月、茎の先に紫色花をやや密に開く。花冠は唇形で長さ2.5~3センチメートル、下唇は3裂し、中央裂片に紫点がある。深山の草地に生え、北海道から四国に分布する。名は、長野県の味噌(みそ)川(木曽(きそ)川の源流)に多いからといわれる。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミソガワソウの関連キーワード嵐草犬胡麻塔花糠星草水虎の尾山薄荷糸藺鈴香薷柊草味噌川草

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone