コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッシュメタル misch metal

大辞林 第三版の解説

ミッシュメタル【misch metal】

セリウム40~50パーセント、ランタン20~40パーセントのほか、イットリウムなどの希土類金属元素から成る合金。耐熱合金などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミッシュメタル
みっしゅめたる
misch metal

ランタン系希土類元素、すなわち原子番号57番のランタンから71番のルテチウムまでの混合物。製錬過程の半成品であり、セリウム(原子番号58番)40~50%、ランタン20~40%を含む。この混合物は反応性に富むので、発火合金の主成分とされたり、脱酸素剤として用いられる。[及川 洪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミッシュメタルの言及

【発火合金】より

…セリウムCeあるいはランタンLaのような希土類元素を主体としたものと,それ以外のものがある。ガスライターやシガレットライターに使用されるものの代表的な合金はアウアー合金で,これはセリウムを主体とする希土類元素の混合体(ミッシュメタル)と鉄の合金である。希土類以外の発火合金としては亜鉛‐スズ系,ウラン‐鉄系合金などがある。…

※「ミッシュメタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミッシュメタルの関連キーワードニッケル水素蓄電池プラセオジム溶融塩電解法イットリウム水素吸蔵合金レアアース耐熱合金ネオジム