コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッチェナー ミッチェナー Michener, James Albert

5件 の用語解説(ミッチェナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミッチェナー
ミッチェナー
Michener, James Albert

[生]1907.2.3. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]1997.10.16. テキサスオースティン
アメリカの小説家。第2次世界大戦中軍属として太平洋の島々の調査を命じられる。その体験に基づく『南太平洋物語』 Tales of the South Pacific (1947) が,ピュリッツァー賞を受賞,また R.ロジャーズ,O.ハマースタインによりミュージカル化され好評を博した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミッチェナー

米国の作家。第2次大戦中の体験に基づく《南太平洋物語》(1947年),朝鮮戦争を背景とする《トコリの橋》(1953年),《サヨナラ》(1954年)で大衆的人気がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ミッチェナー Michener, James Albert

1907-1997 アメリカの小説家。
第二次大戦の従軍体験をもとにした「南太平洋物語」でピュリッツァー賞を受賞。これはミュージカル「南太平洋」の原作となった。作品はほかに「サヨナラ」「センテニアル」など。たびたび来日して日本の版画を収集し,浮世絵研究でも著名。1997年10月16日死去。90歳。ニューヨーク州出身。スワースモア大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ミッチェナー【James Albert Michener】

1907‐97
アメリカの小説家,評論家。ニューヨーク市に生まれる。スワスモア大学を優等で卒業,コロラド大学に学び,教員,編集者として勤めた後,第2次大戦に従軍,南太平洋戦線での体験を素材にした物語集《南太平洋物語》(1947)によってピュリッツァー賞を受け,ロジャーズとハマースタインによるミュージカル《南太平洋》としても有名になった。穏健な人道主義的立場から《トコリの橋》(1953),《サヨナラ》(1954)などアジアを舞台にした国際色豊かな作品を発表,《ハワイ》(1959),《隊商》(1963),《人間の歴史》(1965),《センテニアル》(1976),《チェサピーク》(1978),《コベナント》(1981)などの歴史小説ベストセラー作家として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミッチェナー
みっちぇなー
James Albert Michener
(1907―1997)

アメリカの小説家、教育学者。ニューヨーク市に生まれる。親を知らない拾い子としてミッチェナー家で育てられ、極貧の少年時代を送った。スウォースモア大学を卒業、コロラド州立教育大学で修士号を取得、同大学の教育学準教授となった後、出版社に勤務。アメリカ海軍に入隊し、従軍体験によった小説『南太平洋物語』(1947)でピュリッツァー賞を受賞。これは『南太平洋』としてミュージカル、映画になり、大成功を収めた。ほかに『トコリの橋』(1953)、『サヨナラ』(1954)、『ハワイ』(1959)、イスラエルの考古学的歴史小説『水源地』(1965)、『放浪者たち』(1971)、『センテニアル』(1974)、『スペース』(1982)、『チェサピーク物語』(1978)、『ポーランド』(1983)などがあり、その多くはベストセラーになった。日本の浮世絵に詳しく『日本の版画』(1959)などの著書もある。晩年に腎臓病を患い人工透析治療を受けていたが、最期に尊厳死を選んだ。[武藤脩二]
『清水俊二訳『南太平洋物語』(1952・六興出版社) ▽常盤新平監訳『センテニアル』全3巻(1982・河出書房新社) ▽水上峰雄訳『スペース』上下(1983・集英社) ▽工藤幸雄訳『ポーランド』上下(1989・文芸春秋) ▽成沢紀夫訳『ハワイ』上下(1997・日本図書刊行会) ▽渋谷比佐子訳『チェサピーク物語』全3巻(1996―97・至誠堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミッチェナーの関連キーワードニューヨーク・シティー・バレエ団アメリカの夢ニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパカズヨナカノニューヨーク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミッチェナーの関連情報