コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッデルブルフ ミッデルブルフMiddelburg

3件 の用語解説(ミッデルブルフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミッデルブルフ(Middelburg)

オランダ南西部、ゼーラント州の都市。同州の州都。本土と半島状につながるワルヘレン島に位置する。17世紀、オランダ東インド会社の支社が置かれた。中心部は第二次大戦ドイツ軍の爆撃により破壊され、戦後に再建。ミッデルブルグ。ミデルブルフ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ミッデルブルフ【Middelburg】

オランダ南西部,ゼーラント州ワルヘレンWalcheren島にある都市で同州の州都。人口3万8000(1980)。中世以来ゼーラント伯領の首都。1217年都市特権を認められ,イギリスネーデルラント,ドイツを結ぶ中継貿易で栄え,15世紀末からアントワープの勃興に伴ってその外港としてにぎわった。オランダ独立後は,ムーシュロンMoucheronらアントワープの有力商人を迎え入れ,アントワープから退去したイギリスのマーチャント・アドベンチャラーズ(毛織物輸出商組合)が1582‐1616年ここを本拠とするなど,新しい繁栄期を迎えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミッデルブルフ
みっでるぶるふ
Middelburg

オランダ南西部、ゼーラント州の州都で、商工業都市。人口4万5427(2001)。現在は本土と結ばれているワルヘレンWalcheren島に位置し、伝統的な繊維工業バター市で知られる。1217年に都市権を獲得後、対イギリス貿易の拠点として、また商業都市アントウェルペンベルギー領)の外港として繁栄し、東インド会社の創設にも参画した。オランダ独立戦争中はゼーラントにおけるスペイン側の最後の砦(とりで)となったが、1574年に反乱側のカルバン派海賊「海乞食(こじき)」が解放した。1150年設立の聖ニコラス修道院(現在は州議会議場)、16世紀の市庁舎などが残る。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone