コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツギリゾウムシ ミツギリゾウムシ Brenthidae

3件 の用語解説(ミツギリゾウムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツギリゾウムシ
ミツギリゾウムシ
Brenthidae

甲虫目ミツギリゾウムシ科の昆虫の総称。円筒形ないし細長いひょうたん形で,硬く,光沢のあるゾウムシ形の甲虫。頭部は小さいが,吻は前方に伸び,雌は吻で材に穿孔する。吻の中央左右から,短く太めの触角が出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミツギリゾウムシ【Baryrrhynchus poweri】

甲虫目ミツギリゾウムシ科の昆虫。樹皮下や倒木上に見られる。体は赤褐色から黒色で,各上翅には6~7個の黄赤色紋がある。雄の口吻(こうふん)は前方へ広がり,大あごは大きい。雌の口吻は細長く棒状で,大あごは小さい。体長11~24mm。本州,四国,九州,沖縄を含む南西諸島のほか,台湾,中国,インドシナに分布する。枯木に穴をあけて産卵,幼虫は材に穿孔(せんこう)すると考えられる。ミツギリゾウムシ科Brenthidaeは熱帯,亜熱帯を中心に1300種あまりが知られており,日本からは南西諸島を中心に26種が記録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツギリゾウムシ
みつぎりぞうむし / 三錐象虫
[学]Baryrhynchus poweri

昆虫綱甲虫目ミツギリゾウムシ科に属する昆虫。本州から南西諸島、および台湾、インドシナ半島に分布する。体長11~24ミリの円筒形をした甲虫で、体は赤褐色から黒色を帯び、上ばねに数個の橙色紋(とうしょくもん)がある。雄の吻(ふん)は幅広くて大あごは釘(くぎ)抜き状。雌の吻は細くて円筒状。ミツギリゾウムシ科Brentidaeは、熱帯、亜熱帯地域を中心に約1300種が知られ、日本からは27種が記録されている。幼虫はいずれも枯れ木の材中にすみ、多くの成虫は夜間に活動するがツヤヒメミツギリゾウムシは日中クサギなどの花に集まる。ホソミツギリゾウムシ類はキクイムシの孔道にすみ成虫は細長い円筒形。ヒラタミツギリゾウムシ類の成虫は扁平(へんぺい)で樹皮下にすむ。[森本 桂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミツギリゾウムシの関連キーワードアリモドキゾウムシ牙虫象虫偽瓢虫豆象虫塵芥虫鷸象虫短截象虫シギゾウムシ(鴫象虫)ゾウムシ(象虫)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone