コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツギリゾウムシ Brenthidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツギリゾウムシ
Brenthidae

甲虫目ミツギリゾウムシ科の昆虫の総称。円筒形ないし細長いひょうたん形で,硬く,光沢のあるゾウムシ形の甲虫。頭部は小さいが,吻は前方に伸び,雌は吻で材に穿孔する。吻の中央左右から,短く太めの触角が出る。前胸背はとっくり形で,後体部は細長く,上翅にあらい点刻列がある。肢は全体に短く,前肢腿節は中央でふくらみ,また,とげをもつものもある。幼虫は初め倒木や枯れ木の材にもぐるという。おもに熱帯に分布する。ミツギリゾウムシ Baryrhynchus poweriは本州以南台湾までと,中国,インドシナに分布する。奄美大島以南にみられるアリモドキゾウムシもこの類に入る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミツギリゾウムシ【Baryrrhynchus poweri】

甲虫目ミツギリゾウムシ科の昆虫。樹皮下や倒木上に見られる。体は赤褐色から黒色で,各上翅には6~7個の黄赤色紋がある。雄の口吻(こうふん)は前方へ広がり,大あごは大きい。雌の口吻は細長く棒状で,大あごは小さい。体長11~24mm。本州,四国,九州,沖縄を含む南西諸島のほか,台湾,中国,インドシナに分布する。枯木に穴をあけて産卵,幼虫は材に穿孔(せんこう)すると考えられる。ミツギリゾウムシ科Brenthidaeは熱帯,亜熱帯を中心に1300種あまりが知られており,日本からは南西諸島を中心に26種が記録されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツギリゾウムシ
みつぎりぞうむし / 三錐象虫
[学]Baryrhynchus poweri

昆虫綱甲虫目ミツギリゾウムシ科に属する昆虫。本州から南西諸島、および台湾、インドシナ半島に分布する。体長11~24ミリの円筒形をした甲虫で、体は赤褐色から黒色を帯び、上ばねに数個の橙色紋(とうしょくもん)がある。雄の吻(ふん)は幅広くて大あごは釘(くぎ)抜き状。雌の吻は細くて円筒状。ミツギリゾウムシ科Brentidaeは、熱帯、亜熱帯地域を中心に約1300種が知られ、日本からは27種が記録されている。幼虫はいずれも枯れ木の材中にすみ、多くの成虫は夜間に活動するがツヤヒメミツギリゾウムシは日中クサギなどの花に集まる。ホソミツギリゾウムシ類はキクイムシの孔道にすみ成虫は細長い円筒形。ヒラタミツギリゾウムシ類の成虫は扁平(へんぺい)で樹皮下にすむ。[森本 桂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミツギリゾウムシの関連キーワード瑠璃細三月象鼻虫ゾウムシ(象虫)細三錐象鼻虫並三錐象鼻虫擬蟻象鼻虫三錐象鼻虫森本

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android