コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクイムシ キクイムシLimnoria lignorum; gribble

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キクイムシ
Limnoria lignorum; gribble

軟甲綱等脚目キクイムシ科 Limnoriidaeの節足動物。体長 3mm。頭部,第1~7胸節に続く腹部は体長の 3分の1。体は円筒形,黄白色で,背面に不規則な黒色模様がある。腹尾節は円盤状である。海中の木材に穿孔し,しだいに中心部へと侵入する。木造船や海中工事用の木材に大害を与え,これを防ぐには金属板を張るほかない。世界共通種。キクイムシ科にはキクイムシのほかにアンドリュウスキクイムシ L. andrewsi があり,太平洋岸各地に広く分布し,海中の木材を食害する。(→甲殻類等脚類軟甲類

キクイムシ
Scolytidae; bark beetle; Ambrosia beetle

鞘翅目キクイムシ科の昆虫の総称。微小ないし小型。体は堅固,円筒形で,植物組織内の生活に適応している。触角は普通 11~12節。頭部は前胸より幅狭く,前方が多少とも吻状に伸びているものが多い。前胸は大きく,多くは前方にせばまる。上翅には皺や点刻,縦条などがあり,後端は丸いもの,切断状のもの,溝状にへこむもの,とげのあるものなどさまざまである。肢は短く,脛節には普通歯があって木材を穿孔するのに適している。 跗節は5節。幼虫は小さく,腹面が内側に湾曲する。生活様式に2型あり,樹皮下穿孔虫と養菌性穿孔虫に分けられる。前者は後者より原始的で,親虫は樹皮下形成層に母孔と呼ばれる孔道を掘り,その両側に産卵する。孵化した幼虫は母孔と直角に形成層を食い進んで成熟し,成虫になるとそれぞれ脱出孔をつくって外に出る。成虫と幼虫のつくる食痕は種によって一定している。後者はアンブロシア甲虫と呼ばれ,母虫が木部まで穿孔し,孔道の周囲にアンブロシア菌を植付ける。幼虫はこの菌を食べて育ち,成虫になると母虫の侵入した孔から脱出する。この甲虫のつくった孔道は黒変しているのが特徴である。同一種が多くの樹種につく場合が多く,森林害虫として有名な種が少くない。世界に 2000種以上が知られる。日本産は 270種以上。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キクイムシの関連キーワードマツクイムシ(松喰虫)キクイムシ(昆虫)羅漢柏小木蠹虫谷地柳黒木蠹虫松黄色小木蠹虫ホソエンマムシ赤松材木蠹虫唐檜根木蠹虫松六歯木蠹虫黄色小木喰虫唐檜小木蠹虫マツクイムシ蠹・野虫・蠧鉄釘樹木蠹虫椵松小木蠹虫唐檜姫木蠹虫星形木蠹虫酒榑木蠹虫椵松木蠹虫日本木蠹虫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キクイムシの関連情報