ミツデウラボシ

百科事典マイペディアの解説

ミツデウラボシ

ウラボシ科の常緑シダ。北海道南西部〜沖縄,アジアの温帯〜亜熱帯に広く分布し,低山地の道ばたや崖地などにはえる。葉は柄が針金状で細く,ごく小さい地下茎から接近して出て高さ5〜30cm。葉身は多くは3出状になるが片側だけのものや単葉のものもある。葉裏はやや白色で,胞子嚢群は点状となり,中脈の両側に1列ずつ並ぶ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミツデウラボシ【Crypsinus hastatus (Thunb.) Copel.】

ウラボシ科の常緑多年生シダ植物(イラスト)。北海道以南の各地の乾いた崖や岩上に見られるが,北部や高地ではまれにしかない。中国にも分布する。根茎は直径2~3mmで,褐色の鱗片がある。葉はやや密に出て,小さいものでは単葉で,大型の葉になるにつれて2裂から3裂(まれには5裂)するが,単葉で胞子囊群をつけることも多い。裏面はやや粉白になる。葉縁にはやや厚い組織があり,通常黒く色づく。葉縁には小さな切れこみが主側脈の間に1個ずつ見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミツデウラボシ
みつでうらぼし / 三手裏星
[学]Crypsinus hastatus (Thunb.) Copel.

ウラボシ科の常緑性シダ。葉の形は一定でなく、単葉から、掌状に2裂、3裂するものまである。葉質は堅い紙質で、遊離脈のある網状の葉脈が走る。葉柄は長い。胞子嚢(のう)群は丸く、やや中肋(ちゅうろく)寄りに縦1列に並ぶ。包膜はない。全国に分布し、暖地ほど多く、大形である。明るい乾燥した崖(がけ)に葉を下垂させる。タカノハウラボシC. engleriは葉が3裂せず、ミツデウラボシより南に多い。亜高山帯の岩壁に生ずるミヤマウラボシC. veitchiiは、葉が1回羽状に分裂する。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android