コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノボロ (prairie) Junegrass

世界大百科事典 第2版の解説

ミノボロ【(prairie) Junegrass】

草原にたまに見かけるイネ科多年草(イラスト)。と葉は密に叢生(そうせい)して株を作り,全体に短い白毛に覆われている。芒(のぎ)は細いが硬く,高さは30~50cm,花序下に特に毛が多い。葉は細い線形で,長さは10~20cm,幅は3~5mm,やや硬く,多少内巻きとなり,鞘の上部を除いて短い軟毛がある。5~7月に茎の頂につまって穂状に見える密な円錐花序をつけ,その長さは5~13cm,径1~1.5cm,銀白色をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミノボロ
みのぼろ / 簑襤褸
[学]Koeleria cristata Pers.

イネ科の多年草。全体に軟毛がある。稈(かん)は株立ちし、高さ20~40センチメートル。5~7月、稈頂に円柱形で長さ5~15センチメートルの円錐(えんすい)花序をつくり、多数の小穂をつける。小穂は扁平(へんぺい)で長さ4~5ミリメートル、光沢がある。平地に普通に生え、北海道から九州、および北半球の温帯に広く分布する。名は、花穂の形を破れた簑(みの)を着けているものと見立てたといわれる。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミノボロの関連キーワードミノボロスゲプレーリー二階 重楼小穂

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android