コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミマス ミマス Mimas

4件 の用語解説(ミマスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミマス
ミマス
Mimas

土星衛星。 1789年 W.ハーシェルの発見。光度 12等,直径約 390km,公転周期 22時間 37分。質量は小さく月の約 2000分の1であるが,これはすぐ外側の衛星エンケラドス摂動によって測定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミマス(Mimas)

土星の第1衛星。大型の衛星のうち、最も内側の軌道を回る。名の由来はギリシャ神話の巨人。1789年にF=W=ハーシェルが発見。その名にちなんだハーシェルクレーターは直径130キロに達する。直径は約400キロ(地球の約0.03倍)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ミマス

正式社名「ミマス株式会社」。英文社名「MIMASU Co., Ltd.」。繊維製品製造業。昭和23年(1948)「三枡紡績株式会社」設立。同48年(1973)現在の社名に変更。本社は三重県度会郡玉城町佐田。特殊糸メーカーペットボトルリサイクル原料を使用した紡績糸・撚糸の製造・販売を行う。インテリア資材用生地の販売や倉庫・物流業も展開。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミマス【Mimas】

土星の第I衛星。1789年,F.W.ハーシェルによって発見された。軌道半径18万5520km(土星半径の3.09倍),公転周期0.942422日。半径197km,質量3.75×1022g(土星の6.59×10-8倍)。平均密度1.14g/cm3でほとんど氷でできていると思われる。表面は多くのクレーターと溝におおわれている。最大のクレーターは直径135km,高さ10kmもあり,高さ6kmのりっぱな中央丘をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のミマスの言及

【土星】より

… 環は衛星の影響を受けている。カッシニの空隙の公転周期がミマスの公転周期の約1/2,エンケラドスの公転周期の約1/3であることは,この空隙がミマスとエンケラドスの摂動によってできたことを物語っている。B環とC環の境界の公転周期は,ミマスのそれの約1/3になっている。…

※「ミマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミマスの関連キーワードエンケラドスチタンディオーネテチスフェーベエンケラドゥス逆行衛星タルボスメトネRhea

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミマスの関連情報