コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミモチシダ swamp fern

2件 の用語解説(ミミモチシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミミモチシダ【swamp fern】

マングローブ林に特有の常緑性シダで,日本では西表(いりおもて)島に生育している。根茎は塊状で巨大になり,高さ2mに達する葉を叢生(そうせい)する。葉柄は親指より太くなることもあり,薄茶色で,基部は黒褐色となり,淡褐色で大きい鱗片をつける。葉面は単羽状,頂羽片も側羽片と同じように卵状長楕円形,鋭頭,基部は円形。革質で厚い。胞子囊はやや小さい羽片の裏面全面につき,包膜に類する保護器官はない。胞子囊群をつくらないこのような胞子囊のつきかたを〈ミミモチシダ様〉ということがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミモチシダ
みみもちしだ / 耳持羊歯
mangrove fern
[学]Acrostichum aureum L.

ミミモチシダ科の半水生常緑性シダ。根茎は短くはい、長さ1~2メートルの直立する葉を束生する。葉は1回羽状に分裂し、堅く厚い革質で全体は無毛。羽片は披針(ひしん)形で、先はやや丸みを帯びる。葉脈は網状。上部数対の羽片の裏面全体に胞子嚢(のう)群をつける。マングローブのように浅い海水中に生え、世界の熱帯、亜熱帯の海岸に広く分布。日本では西表(いりおもて)島、石垣島に産する。[西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミミモチシダの関連キーワードグローブマングローブ紅樹土地柄グローブを合わせるケルビングローブ公園ゴールデングローブ釣りグローブパンチンググローブチングローブ (chin groove)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone