コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤママタタビ Actinidia kolomikta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤママタタビ
Actinidia kolomikta

マタタビ科の落葉性つる植物で,アジア東部の冷温帯に生じる。本州中部以北と北海道の深山に生え,同属マタタビよりも高いところに分布する。雌雄異株で,よく枝を分ち,若枝には細毛があって中心の髄にはすきまが多い。葉には長い柄があり,長さ7~12cmの卵円形で先端が鋭くとがる。基部は心臓形で,縁に鋸歯があり,夏には葉の表面が淡紅色を帯びる特徴がある。夏,雄花集散花序をなして咲き,ウメの花に似た白色5弁花で多数のおしべがある。雌花は単生し,柱頭が多数に裂ける。果実は長さ 2cm弱の長楕円形の液果で,表面はなめらかである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤママタタビ
みやままたたび
[学]Actinidia kolomikta (Rupr.) Maxim.

マタタビ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。マタタビに似るが、ミヤママタタビは茎の髄に階段状の空所があり、葉は卵形で基部が心臓形となり、若い枝先の葉が紅白色となることなどで異なる。雌雄異株で両性花もあり、5~6月、径約1.5センチメートルの白色花を開く。果実は長楕円(ちょうだえん)形の漿果(しょうか)で長さ約2センチメートル、先は細くなり、8~9月に黄緑色に熟し、食用となる。深山に生え、日本全土、および朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。名は、深山に生えるマタタビの意味であるが、マタタビはネコが好むのに反し、本種はネコがとくに好むことはない。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミヤママタタビの言及

【マタタビ】より

…ネコ科の動物はこの植物をひじょうに好み,これをかじって酔ったようになる。本種に近いミヤママタタビA.kolomixta Maxim.はマタタビに似ているが,葉の基部は心形で,小枝の髄は階段状(マタタビにはそのようなすきまはない)となるので区別できる。マタタビより北方に分布し,日本(北海道~四国),朝鮮,中国,シベリアに見られる。…

※「ミヤママタタビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミヤママタタビの関連キーワードマタタビ科

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android