ミュンシュ

百科事典マイペディア 「ミュンシュ」の意味・わかりやすい解説

ミュンシュ

フランス指揮者。アルザス地方のストラスブール(当時ドイツ領)のドイツ人家系に生まれる。同地の音楽院院長を務めた父のもとで早くから音楽に親しみ,パリ音楽院でカペー(カペー弦楽四重奏団)に,ベルリンでC.フレッシュ〔1873-1944〕にバイオリン師事。1926年−1933年ライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団コンサートマスターを務めた。その間フルトベングラーに指揮法を学び,1938年−1946年パリ音楽院管弦楽団の指揮者として活動。1949年−1962年クーセビツキー後任としてボストン交響楽団の首席指揮者を務め,数々の名演を残す。1967年パリ管弦楽団設立とともに音楽監督となるが,同楽団と米国演奏旅行中に客死。ダイナミズムと色彩感にあふれた指揮で知られ,ベルリオーズからオネゲルデュティユーに至るフランス音楽のほか,ドイツ音楽にも見事な解釈を示した。→小澤征爾リパッティ
→関連項目フルトウェングラー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

改訂新版 世界大百科事典 「ミュンシュ」の意味・わかりやすい解説

ミュンシュ
Charles Münch
生没年:1891-1968

フランスの指揮者。生地のストラスブール音楽院でバイオリンを学び,さらにC.フレッシュらに師事。次いでライプチヒ音楽院のバイオリン科教授。1926-33年フルトウェングラー指揮のゲバントハウス管弦楽団のコンサートマスター。33年パリで指揮者としてデビュー。37年よりパリ音楽院管弦楽団を指揮。46年アメリカでデビュー。49-62年ボストン交響楽団の首席指揮者。67年パリ音楽院管弦楽団を改組してパリ管弦楽団を組織,同指揮者を務めた。フランス近代音楽を得意とし,軽快なリズム感と豊かな色彩感に満ちた演奏には定評があった。1960,62,66年来日した。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ミュンシュ」の意味・わかりやすい解説

ミュンシュ
Munch, Charles

[生]1891.9.26. ストラスブール
[没]1968.11.6. バージニア,リッチモンド
フランスの指揮者。アルザス系の音楽一家に生れ,父はストラスブール音楽院院長,弟フリッツもその跡を継ぎ院長となった。パリとベルリンでバイオリンを学び,ストラスブール音楽院教授を経て,ライプチヒのゲバントハウス管弦楽団のコンサート・マスター。同楽団の指揮者 W.フルトベングラーに指揮を学び,1932年パリでデビュー。 35~38年はパリ・フィルハーモーニー管弦楽団,38~46年はパリ音楽院管弦楽団の指揮者。 49~62年はボストン交響楽団の常任指揮者。ブラームス,ドビュッシー,ラベルの作品を得意とした。 60,62,66年来日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ミュンシュ」の意味・わかりやすい解説

ミュンシュ
みゅんしゅ
Charles Munch
(1891―1968)

フランスの指揮者。生地ストラスブールの音楽院とパリ音楽院でバイオリンを学び、さらにベルリンでカール・フレッシュに師事した。ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団のバイオリン奏者を経て、1929年パリで指揮者としてデビュー。37年パリ音楽院管弦楽団、49年ボストン交響楽団の常任指揮者を経て、67年パリ管弦楽団の初代音楽監督となった。60年(昭和35)ボストン響と初来日。情熱的で重厚な芸風で知られ、構成力を重んじながらも即興性を忘れず、説得力のある演奏を生み出した。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android