コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュールハウゼン ミュールハウゼンMühlhausen

2件 の用語解説(ミュールハウゼンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュールハウゼン
ミュールハウゼン
Mühlhausen

ドイツ中部,チューリンゲン州の都市。エルフルトの北西約 50kmに位置する。 775年の記録に名のみえる古い集落。早くから特権を認められ,1198年にはフィリップ・フォン・シュワーベンがここでドイツ国王となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュールハウゼン
みゅーるはうぜん
Mhlhausen in Thringen

ドイツ中部、チューリンゲン州の都市。人口3万8700(2000)。衣料品、皮革、自動車部品の産業がある。同市の史料上の初見は775年にさかのぼるが、10、11世紀のころ頻繁に国王、皇帝の滞在するところとなり、1180年帝国都市となった。1420年以来ハンザ同盟に加入。1525年のドイツ農民戦争に際しては、急進勢力の中心となり、神学者で農民指導者のトマス・ミュンツァーの活動舞台となった。近隣のフランケンハウゼンの戦い(1525.5.15)で農民団が敗れたのち、ミュンツァーはここで処刑され、ミュールハウゼンは1548年まで帝国都市の資格を剥奪(はくだつ)された。1802年プロイセン領に属す。中世都市のおもかげをよく残し、ミュンツァーの居館、同博物館がある。[瀬原義生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone