コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュールハウゼン ミュールハウゼン Mühlhausen

2件 の用語解説(ミュールハウゼンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュールハウゼン
ミュールハウゼン
Mühlhausen

ドイツ中部,チューリンゲン州の都市。エルフルトの北西約 50kmに位置する。 775年の記録に名のみえる古い集落。早くから特権を認められ,1198年にはフィリップ・フォン・シュワーベンがここでドイツ国王となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュールハウゼン
みゅーるはうぜん
Mhlhausen in Thringen

ドイツ中部、チューリンゲン州の都市。人口3万8700(2000)。衣料品、皮革、自動車部品の産業がある。同市の史料上の初見は775年にさかのぼるが、10、11世紀のころ頻繁に国王、皇帝の滞在するところとなり、1180年帝国都市となった。1420年以来ハンザ同盟に加入。1525年のドイツ農民戦争に際しては、急進勢力の中心となり、神学者で農民指導者のトマス・ミュンツァーの活動舞台となった。近隣のフランケンハウゼンの戦い(1525.5.15)で農民団が敗れたのち、ミュンツァーはここで処刑され、ミュールハウゼンは1548年まで帝国都市の資格を剥奪(はくだつ)された。1802年プロイセン領に属す。中世都市のおもかげをよく残し、ミュンツァーの居館、同博物館がある。[瀬原義生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュールハウゼンの関連キーワードアイゼナハエルフルトゲーラゴータチューリンゲンワイマールワルトブルク城エリザベート教会エルフルト大聖堂チューリンガー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone