コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルクイガイ Tresus keenae; Washington clam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミルクイガイ
Tresus keenae; Washington clam

軟体動物門二枚貝綱バカガイ科。俗にミルガイともいう。長 14cm,殻高 9cm,殻幅 5.5cmに達するが,さらに大型の個体もある。殻は厚いがもろい。殻の前端は丸みがあるが,後端はややまっすぐに切断状となり,両殻の間は卵形に開く。殻表は白いが,黄褐色ないし暗褐色の殻皮をかぶっており,老成するとはげる。内面は白色で,殻頂の下に大きな 鉸歯があり,黒い弾帯が乗っている。軟体は太く長い水管をもち,これを殻の後端の開口から出すが,この上に海藻のミルが生えていたというのでその名がある。北海道から九州,朝鮮半島内湾の浅い泥底にすむ。水管の革質の皮をはいで肉だけにして,鮨種など食用に供する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミルクイガイ

ミルガイとも。バカガイ科の二枚貝。長さ14cm,高さ9cm,幅5.5cmになる。両殻は後端で長卵形に開き,太い水管を出す。殻は白色,その上を厚い黄褐〜暗褐色の殻皮がおおう。内面も白色。北海道の南部〜九州の内湾の浅い砂泥底にすみ,産卵期は2〜6月。水管は黒い皮で包まれるが,むくと白色。この水管の上にミル(海松)が生えていたというのでこの名がある。吸物などにして美味。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミルクイガイ
みるくいがい / 海松喰貝
gaper
[学]Tresus keenae

軟体動物門二枚貝綱バカガイ科の二枚貝。食用貝で、市場名はミルガイである。北海道から九州に至る内湾の浅い砂泥底にすむ。普通、殻長14センチメートル、殻高9センチメートル、殻径5.5センチメートルに達するが、殻長15センチメートルを超える個体もある。殻は長卵形の厚質で、ややもろい。前後端は開き、とくに後端の開口部が大きい。殻表は白色で、黒褐色の厚い殻皮をかぶる。内面は灰白色。(こうばん)は殻頂の下に大きな弾帯受けがあり、主歯は1個で∧形、側歯は小さくて短く、右殻に2個、左殻に1個ある。この貝の水管上に海藻のミルが生じ、あたかも後端開口からこれを食べているようにみえるのでこの名がつけられたらしい。肉は食用とされ、とくに水管は大きく太く、甘味があって美味なのですし種にされる。最近、市場で「シロミル(白みる)」と称されているのは別科に属するナミガイPanopea japonicaである。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミルクイガイの関連キーワードミルクイガイ(海松食貝)ナミガイ海松食海松喰水松食貝製品海松貝

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android