コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムイッズィー ムイッズィー Mu`izzī, `Abdullāh Muḥammad

2件 の用語解説(ムイッズィーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムイッズィー
ムイッズィー
Mu`izzī, `Abdullāh Muḥammad

[生]1048頃
[没]1126頃
ペルシアの頌詩詩人。著名な詩人の子として生れ,セルジューク朝スルタンマリク・シャーサンジャルに宮廷詩人として仕え,「詩人の王」の称号を得た。サンジャルの矢に当ったのがもとで没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムイッズィー
むいっずぃー
‘Abd Allh Muammad Mu‘izz
(1049―1126ころ)

ペルシアの詩人。セルジューク朝宮廷詩人の子としてニシャブール生まれる。同朝のスルタン、マリク・シャーとサンジャルに仕え桂冠(けいかん)詩人となった。ホラサーン派最後の代表的頌詩(しょうし)詩人と評される。約1万8000句からなる『ムイッズィー詩集』は頌詩が主体である。素朴な用語、無技巧な表現で知られ、多くの優れた比喩(ひゆ)を用いたことが大きな特色である。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムイッズィーの関連キーワード階乗Nエヌ頃・比N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone