コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムイッズィー Mu`izzī, `Abdullāh Muḥammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムイッズィー
Mu`izzī, `Abdullāh Muḥammad

[生]1048頃
[没]1126頃
ペルシアの頌詩詩人。著名な詩人の子として生れ,セルジューク朝のスルタン,マリク・シャーとサンジャルに宮廷詩人として仕え,「詩人の王」の称号を得た。サンジャルの矢に当ったのがもとで没した。ホラーサーン派詩人の流れをくみ,特に頌詩と抒情詩にすぐれた。現存する1万 8000句以上から成る『ムイッズィー詩集』 Dīwān-e Mu`izzīには多くの歴史的な出来事や風習が巧みな描写で詠み込まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムイッズィー
むいっずぃー
‘Abd Allh Muammad Mu‘izz
(1049―1126ころ)

ペルシアの詩人。セルジューク朝宮廷詩人の子としてニシャブールに生まれる。同朝のスルタン、マリク・シャーとサンジャルに仕え桂冠(けいかん)詩人となった。ホラサーン派最後の代表的頌詩(しょうし)詩人と評される。約1万8000句からなる『ムイッズィー詩集』は頌詩が主体である。素朴な用語、無技巧な表現で知られ、多くの優れた比喩(ひゆ)を用いたことが大きな特色である。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムイッズィーの関連キーワードペルシア文学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android