コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムギツク

2件 の用語解説(ムギツクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ムギツク

コイ科の魚。地方名モントニナスイなど。全長10〜15cm,暗褐色で体側に黒帯がある。琵琶湖・淀川以西の本州と九州北部,朝鮮半島に分布。川の中流部の石の下や岩の割れ目などに潜むことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムギツク
むぎつく / 麦突
[学]Pungtungia herzi

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。イシコツキ、クチボソ、スボグチ、ニナスイなどの地方名がある。淀(よど)川水系以西の本州、四国、九州と朝鮮半島に分布している。全長10~15センチメートル程度、体側中央を明瞭(めいりょう)な濃黒色帯が走っている。1対のひげをもつ。河川中流域の大石や岩の付近に多く、それについているトビケラやユスリカをつっついて食べ、危険を感ずると石の間に潜む。春に1尾の雌と数尾の雄が集まって、大石や岩盤の割れ目に卵を産み付ける。体の断面が円形に近いので肉が多いうえ、かなり美味である。[水野信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムギツクの関連キーワードアイナメウグイオイカワチダイマコガレイマナガツオメイタガレイイボダイマイナスイメージキダイ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone