コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムニョス Muños, Alonzo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムニョス
Muños, Alonzo

[生]?
[没]1620. サンディエゴ
スペイン出身のカトリック司祭,フランシスコ会会士。フィリピンで伝道していたが,1598年日本渡航を命じられ,海難による失敗ののちマニラに帰り,修道院院長となった。慶長 11 (1606) 年来日,布教のかたわら大坂の聖堂,修道院を改築。のち江戸に上り同 15年には徳川家康国書をスペイン国王に渡す使者として帰国。元和1 (15) 年ディエゴ・デ・サンタ・カタリナがスペイン国王の使者として来日したのはこの答礼である。のちサンディエゴ (当時メキシコ領) の管区長。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ムニョス Muñoz, Alonso

?-1620 スペインの宣教師。
フランシスコ会士。慶長11年(1606)マニラから来日。徳川家康に謁見し,大坂を拠点に布教した。15年徳川秀忠の国書をもち,前ルソン総督ビベロとともにメキシコを経由して帰国。日本とメキシコの貿易を斡旋(あっせん)したがみのらなかった。1620年8月20日メキシコで死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムニョス
むにょす
Alonzo Muos
(?―1620)

スペイン人のフランシスコ会宣教師。フィリピン宣教中の1598年、日本渡航の命を受けて乗船したが、悪天候により失敗。来日は1606年(慶長11)、同会日本代理管区長のマニラ帰還の後を受けて実現し、大坂方面で活躍した。上総(かずさ)(千葉県)に漂着した前フィリピン総督ドン・ロドリゴがメキシコに向かう際、その推薦で徳川家康の使者として同行、10年浦賀(神奈川県)からメキシコ経由でスペインに渡った。のちにメキシコの同会管区長となり、任地で没した。[黒沢文貴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムニョスの関連キーワードディエゴ(Diego de Santa Catalina)クリスチャン ミハレスリバー・プレートスペイン文学スペイン美術バタフライマンリケ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムニョスの関連情報