コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキツバメ Narathura bazalus

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキツバメ【Narathura bazalus】

鱗翅目シジミチョウ科の昆虫。ムラサキシジミよりも大型で,開張3.8~4.2cm。後翅に小さな尾状突起があるのでこの名がある。ヒマラヤからマレー半島,インドシナ半島,ジャワ,中国南・西部,台湾および日本に分布する。日本では本州の近畿地方以西の暖地に見られ,四国,九州,屋久島,種子島を経て奄美大島,沖縄本島,南西諸島に及ぶ。幼虫の食樹となるブナ科のマテバシイ,シリブカガシなどを含む照葉樹林にすみ,産地はムラサキシジミに比べて局部的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキツバメ
むらさきつばめ / 紫燕蝶
[学]Narathura bazalus

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。ムラサキシジミよりさらに暖地性のもので、本州近畿地方以西の地域にその分布は限られる。国外では台湾、ヒマラヤ、ジャワ島、スマトラ島などに産する。はねの開張は45ミリ内外、ムラサキシジミよりはかなり大きい。はねの表面は雄では暗紫色、雌では前ばね基半は明るい藍紫(らんし)色、後ろばねに尾状突起があるのでムラサキシジミとは一見区別される。和名語尾のツバメは尾状突起のあるシジミチョウを意味するが、尾状突起があればかならずツバメとよんでいるわけではない。成虫で越冬し、多化性。その生態はムラサキシジミに似ているが、自然状態における幼虫の食草はブナ科のマテバシイ、シリブカガシで、カシ類やナラ、クヌギなどを食草とするムラサキシジミとは食草の選択が異なる。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムラサキツバメの関連情報