コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムロアジ Decapterus muroadsi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムロアジ
Decapterus muroadsi

スズキ目アジ科の海水魚全長 40cm内外。体はあまり側扁せず,円筒形に近い。楯鱗は体後方側線の直走部にある。背面暗青色,腹面銀白色。体側中央に赤褐色の縦走する帯があるが,死後は黄変する。本州中部以南,東シナ海に分布する。夏季に特に美味で,重要食用魚。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ムロアジ

アジ科の魚のうち,背びれとしりびれの後方にそれぞれ1個の離れびれをもっているムロアジ属の総称。とくに赤みを帯びていないものを指していう。日本にも数種。このうち高価なものにくさやの干物にするクサヤモロ(全長40cm),量的に多いものにモロ(全長30cm)がある。
→関連項目アジ(鰺)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ムロアジ

 アジといわれる海産魚のうちの,一つのグループの名称をいう.モロ(slender mackerel)[Decapterus macrosoma],クサヤモロ(blue mackerel)[D. macarellus],ムロアジ(アカゼ)(brownstriped mackerel)[D. muroadsi],オアカムロ(redtail scad)[D. tabl],などをいうが,アカゼをいうことが多い.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムロアジ
むろあじ / 室鰺
[学]Decapterus muroadsi

硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。本州中部以南、東シナ海に分布する。体はほとんど側扁(そくへん)せずに丸みを帯びる。臀(しり)びれの前方に2本の遊離棘(きょく)があり、背びれと臀びれの後方にはそれぞれ1個の小離(はなれ)びれがある。側線の前半はわずかに湾曲するが、後半は直走し、直走部の大部分は稜鱗(りょうりん)(ぜんご)で覆われる。体の背面は暗青色、腹面は銀白色。体側中央には幅広い一赤褐色縦帯があるが、死後は黄変する。全長40センチメートルに達する。暖流の影響の強い南日本に多い。産卵期は5、6月。肉質は脂質が少なく、鮮魚としては肉の締まりがよくないので喜ばれないが、塩乾品にすると肉に弾性が生ずるようになる。近縁種のクサヤモロD. macrosomaとともに「くさや」の干物にするほか、ひと塩の生干(なまぼ)しなどにもする。[鈴木 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ムロアジの関連キーワードナイアシン(ニコチン酸)オオシマナガイユムロアジ(室鰺)室鰺・鰘・室鯵小笠原(村)オアカムロ丸鰺・丸鯵アジ(鰺)大島(町)新島(村)宿毛[市]くさやもろヒラマサタカサゴマルアジアカアジヒラアジ鰺・鯵カサゴ撒餌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムロアジの関連情報