コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガルカヤ

百科事典マイペディアの解説

メガルカヤ

カルカヤ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メガルカヤ【Themeda triandra Forssk.ssp.japonica (Willd.) T.Koyama(=T.japonica C.Tanaka)】

山野に生えるイネ科多年草(イラスト)。ススキとともに最も人口に膾炙(かいしや)しているカルカヤは,植物学上このメガルカヤに当たる。地下茎からややまばらな株立ちとなり,株はおりおり群生する。茎は太く,背が高く,80~150cm,多数の節がある。葉は線形で,長さ30~50cm,幅は3~8mmで,縦に二つ折れとなり,淡い緑色で硬く,ざらつき,鞘(さや)にまばらに長い毛がある。9~10月ころ,茎の上部の葉鞘(ようしよう)から細い枝を出し,束状に集まった花穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メガルカヤ
めがるかや / 雌刈萱
[学]Themeda triandra Forsk. var. japonica (Willd.) Makino

イネ科の多年草。カルカヤともいう。稈(かん)は株立ちし、高さ約1メートル、長毛がある。9~10月、稈頂に、包葉がある仮円錐(えんすい)花序をつける。小穂は小花2個が、対(つい)をなして小花穂につき、その基部に不稔性(ねんせい)で長さ0.8~1センチメートルの総包状の小穂が2対ある。有柄小穂は平滑で無毛。無柄小穂は稔性で革質、黄褐色毛があり、長さ約5センチメートルの芒(のぎ)がある。日当りのよい丘陵地や草地に生え、本州から九州に分布する。基本種は東アジア、インド、アフリカに広く分布する。名は、オガルカヤ(雄刈萱)に対応して、それよりも小形でかわいいため、つけられた。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メガルカヤの関連キーワード刈萱・刈茅・苅萱・苅茅カルカヤ(刈萱)オガルカヤ筧草刈萱

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android