コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メキシコ高原 メキシコこうげんAltiplanicie Mexicana

2件 の用語解説(メキシコ高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メキシコ高原
メキシコこうげん
Altiplanicie Mexicana

メキシコ中部,北部の内陸を占める広大な高原。西マドレ山脈東マドレ山脈にはさまれた地域で,北はアメリカ合衆国との国境から,南は北緯 19°の線にほぼ沿って東西に連なる火山帯まで,南北 1000km以上にわたって広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メキシコ高原
めきしここうげん
Plateau of Mexico

メキシコの東シエラ・マドレ山脈と西シエラ・マドレ山脈の間の高原。標高2000メートル前後。北部は砂漠地域で典型的な乾燥盆地をなしている。中央部は豊水性地域でアナワク(湿った所の意)高原といい、早くから居住の中心地で首都メキシコ市がある。北緯19度に沿って火山列が走り、5000メートル級の火山が並んでいる。メキシコは国土が高原性のため、緯度的には熱帯だが常春地域になっている所が多い。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone