コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メサ mesa

翻訳|mesa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メサ
mesa

水平層から成る浸食が進み,準平原上に残された卓状の丘。周囲に急崖をもつ。スペイン語では机の意味。メサの表面は原表面ではなく,内部にあった硬岩層が露出した削剥面。さらに浸食が進むとビュートになる。アメリカ西部のコロラド台地にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メサ(〈スペイン〉mesa)

周囲が急な崖で囲まれる台状の地形。水平な硬岩層が浸食の進んだあとも残り、下の軟岩層を保護して台状となったもの。香川県屋島などにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メサ【mesa】

〔元来スペイン語で「卓」「台」の意〕
周囲またはその一部を急崖で囲まれた平坦な頂のテーブル状地形。硬岩層の一部が浸食に抵抗して残り、下の地層を保護してできたもの。香川県の屋島がこの例。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メサ
めさ
mesaスペイン語

頂部をほぼ水平な硬岩層(造崖(ぞうがい)層)の急崖で囲まれる卓状地。水平な硬軟互層からなる開析台地にみることが多い。メサはテーブルを意味するスペイン語で、最初アメリカ合衆国南西部の高原地域に多い卓状地に名づけられ、一般に頂部の平らな高地に用いられるようになった。メサと同じ性格で頂部がはるかに狭い孤立丘はビュートbutteとよばれている。造崖層は、砂岩や礫(れき)岩などの堆積(たいせき)岩のほかに、溶岩流やダリクラストduricrustsとよばれる風化殻のような硬化土層などのこともある。[壽圓晋吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メサの関連キーワードエピタキシャル・プレーナ型ダイオードペトログリフナショナルモニュメントチャールズ・フレッチャー ラミスキャニオンランズ国立公園バスケット・メーカー文化妙義荒船佐久高原国定公園フォトファブリケーションメサ耶馬日田英彦山国定公園プレーナ型トランジスタモニュメント・バリープレーナ型ダイオードメサ・バーデ国立公園メサ・バーデ国立公園テーブルマウンテンメサ型トランジスタ拡散型トランジスタラノ・エスタカードモニュメントバレーメサトランジスター

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メサの関連情報