コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メゾチント mezzotinto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メゾチント
mezzotinto

版画技法の一種。 1640年頃オランダ人 L.ファン・ジーゲンが考案し,17~18世紀特にイギリスで発達した技法。まず銅板の全面を鋸歯状の多数の刃をもつロッカーと呼ばれる道具を用い無数の点でくまなくぎざぎざに傷つけ,印刷したとき真黒になるような素地をつくる。次にスクレーパーとバニッシャーと呼ばれる道具でぎざぎざをつぶして明部を出し,黒色から白色までの諧調をつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メゾチント(〈イタリア〉mezzotinto)

銅版の全面に細かく交差する線をあらかじめ刻み込み、その線をつぶしたり、削ったりして明暗をつける、銅版画の技法。筋彫り銅版。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

メゾチント【mezzotint】

銅版画技法の一。銅版全面に目立てを施し、それを削ったりつぶしたりして、黒から白までの微妙な階調を得るもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メゾチント
めぞちんと

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメゾチントの言及

【凹版】より

…平らな銅などの金属面に手彫りなどによって彫りくぼめる方法と,写真を利用して彫りくぼめる方法(いわゆる写真製版の利用)とに大別される。前者はさらに彫り方によって,ドライポイント,メゾチントなど直接金属面を彫る彫刻凹版(直刻凹版ともいう)と,版材に薬品を作用させ腐食によって彫りくぼめるエッチング,アクアチントなどの食刻凹版に分けられるが,実際にはこれらの手法を混用することも多い。後者の写真製版によるものはいわゆるグラビアである。…

※「メゾチント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メゾチントの関連キーワードマーチン(John Martin)ヴォルフガング ゲフゲンチャック クロスM. アバティ斎藤カオルリトグラフキヨソーネ浜口 陽三レイノルズマーティン深沢幸雄浜口陽三グリーン岡本玄介長谷川潔目立てフェケスミスペヌル階調

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メゾチントの関連情報