コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メゾチント メゾチントmezzotinto

4件 の用語解説(メゾチントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メゾチント
メゾチント
mezzotinto

銅版画の技法の一種。 1640年頃オランダ人 L.ファンジーゲンが考案し,17~18世紀特にイギリスで発達した技法。まず銅板の全面を鋸歯状の多数の刃をもつロッカー呼ばれる道具を用い無数の点でくまなくぎざぎざに傷つけ,印刷したとき真黒になるような素地をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メゾチント(〈イタリア〉mezzotinto)

銅版の全面に細かく交差する線をあらかじめ刻み込み、その線をつぶしたり、削ったりして明暗をつける、銅版画の技法。筋彫り銅版。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

メゾチント【mezzotint】

銅版画技法の一。銅版全面に目立てを施し、それを削ったりつぶしたりして、黒から白までの微妙な階調を得るもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のメゾチントの言及

【凹版】より

…平らな銅などの金属面に手彫りなどによって彫りくぼめる方法と,写真を利用して彫りくぼめる方法(いわゆる写真製版の利用)とに大別される。前者はさらに彫り方によって,ドライポイント,メゾチントなど直接金属面を彫る彫刻凹版(直刻凹版ともいう)と,版材に薬品を作用させ腐食によって彫りくぼめるエッチング,アクアチントなどの食刻凹版に分けられるが,実際にはこれらの手法を混用することも多い。後者の写真製版によるものはいわゆるグラビアである。…

※「メゾチント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

メゾチントの関連キーワードキリシタンブラガンサ朝ピューリタン革命エキュジョアン[4世]ルーベンスの家駒ヶ岳(北海道)モントリオール条約米国の債務(借金)上限問題駒ケ岳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メゾチントの関連情報