コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルオレンジ メチルオレンジmethyl orange

5件 の用語解説(メチルオレンジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルオレンジ
メチルオレンジ
methyl orange

橙黄色の小板状晶で,酸性アゾ染料の一種。水,アルコールに溶け,エーテルに難溶。変色範囲は pH3.1~4.4で,酸性色は赤,塩基性色は灯黄色。酸塩基指示薬として広く使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メチルオレンジ

だいだい黄色の結晶。水,アルコールに難溶。酸塩基指示薬の一つとして重要。酸性(pH<3.1)で赤色,4.4<pHで黄色を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチルオレンジ
めちるおれんじ
methyl orange

アゾ基1個のアゾ染料であるモノアゾ染料の一つ。1875年にドイツのJ・P・グリースによって合成された。ジアゾ化したスルファニル酸(4-ジアゾベンゼンスルホン酸)をジメチルアニリンカップリングさせたのち、水酸化ナトリウムによりナトリウム塩に変えて得られる橙黄(とうこう)色の結晶である。水、エタノール(エチルアルコール)に溶ける。水素イオン指数(pH)が3.1~4.4の範囲で変色し、これよりも酸性側で赤色となるので酸塩基指示薬として利用される。
 ジメチルアミノ基のかわりにジエチル、ジブチルアミノ基をもつものを、それぞれエチルオレンジ、ブチルオレンジという。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone