コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルオレンジ methyl orange

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルオレンジ
methyl orange

橙黄色の小板状晶で,酸性アゾ染料の一種。水,アルコールに溶け,エーテルに難溶。変色範囲は pH3.1~4.4で,酸性色は赤,塩基性色は灯黄色。酸塩基指示薬として広く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メチルオレンジ

だいだい黄色の結晶。水,アルコールに難溶。酸塩基指示薬の一つとして重要。酸性(pH<3.1)で赤色,4.4<pHで黄色を示す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

メチルオレンジ【Methylorange】

アゾ色素の一種。化学式 C14H14N3SO3Na 酸塩基指示薬。酸性側で赤、塩基性側で橙黄。オレンジⅢ。ヘリアンチン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチルオレンジ
めちるおれんじ
methyl orange

アゾ基1個のアゾ染料であるモノアゾ染料の一つ。1875年にドイツのJ・P・グリースによって合成された。ジアゾ化したスルファニル酸(4-ジアゾベンゼンスルホン酸)をジメチルアニリンにカップリングさせたのち、水酸化ナトリウムによりナトリウム塩に変えて得られる橙黄(とうこう)色の結晶である。水、エタノール(エチルアルコール)に溶ける。水素イオン指数(pH)が3.1~4.4の範囲で変色し、これよりも酸性側で赤色となるので酸塩基指示薬として利用される。
 ジメチルアミノ基のかわりにジエチル、ジブチルアミノ基をもつものを、それぞれエチルオレンジ、ブチルオレンジという。[飛田満彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メチルオレンジの関連キーワードシアン化水素アルカリ度規定度