コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルオレンジ メチルオレンジ methyl orange

5件 の用語解説(メチルオレンジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルオレンジ
メチルオレンジ
methyl orange

橙黄色の小板状晶で,酸性アゾ染料の一種。水,アルコールに溶け,エーテルに難溶。変色範囲は pH3.1~4.4で,酸性色は赤,塩基性色は灯黄色。酸塩基指示薬として広く使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メチルオレンジ(〈ドイツ〉Methylorange)

酸塩基指示薬の一。橙黄色の結晶。酸性溶液中で赤色、アルカリ性溶液中で橙黄色を呈する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メチルオレンジ

だいだい黄色の結晶。水,アルコールに難溶。酸塩基指示薬の一つとして重要。酸性(pH<3.1)で赤色,4.4<pHで黄色を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

メチルオレンジ【Methylorange】

アゾ色素の一種。化学式 C14H14N3SO3Na 酸塩基指示薬。酸性側で赤、塩基性側で橙黄。オレンジⅢ。ヘリアンチン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチルオレンジ
めちるおれんじ
methyl orange

アゾ基1個のアゾ染料であるモノアゾ染料の一つ。1875年にドイツのJ・P・グリースによって合成された。ジアゾ化したスルファニル酸(4-ジアゾベンゼンスルホン酸)をジメチルアニリンカップリングさせたのち、水酸化ナトリウムによりナトリウム塩に変えて得られる橙黄(とうこう)色の結晶である。水、エタノール(エチルアルコール)に溶ける。水素イオン指数(pH)が3.1~4.4の範囲で変色し、これよりも酸性側で赤色となるので酸塩基指示薬として利用される。
 ジメチルアミノ基のかわりにジエチル、ジブチルアミノ基をもつものを、それぞれエチルオレンジ、ブチルオレンジという。[飛田満彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メチルオレンジの関連キーワードアゾ化合物アゾレス諸島ジアゾ化合物ジアゾ反応アゾ基アゾジアゾ写真金属錯塩染料アゾ色素エアゾル缶