コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディケア Medicare

翻訳|Medicare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メディケア
Medicare

アメリカ連邦政府による 65歳以上の老人に対する医療保険制度の通称。強制の入院医療保険と任意制の補足的医療保険から成り,1965年の社会保障法改正により,低所得者に対する医療保障であるメディケイド Medicaidとともに創設された。アメリカでは,それまでは自由と個人的責任の尊重という理由で医療の社会化は排されて医療保険は民間にまかされていたので,これが連邦全体として最初の公的医療保険といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メディケア

1965年に制定,1966年から実施されている米国の公的医療保険制度。米国には全国民を対象とした公的な健康保険制度はなく,メディケア以外には生活困窮者を対象とする〈メディケイドmedicaid〉しか公的な医療保険はない。
→関連項目HMO

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

メディケア【Medicare】

アメリカ・カナダの六五歳以上の高齢者や身体障害者などに対する政府の医療保険制度。入院に関する保険と医薬品に関する保険とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メディケア
めでぃけあ
Medicare

アメリカの公的な医療保険制度。65歳以上の高齢者や身体障害者、腎不全など慢性腎臓病患者が対象で、1965年の社会保障法改正に伴って1966年から実施されている。アメリカには日本の国民健康保険のような全国民対象の公的な健康保険制度はなく、民間の保険に入って必要に応じて医療費を給付してもらうようになっている。メディケアは対象が限定されているとはいえ、はじめての公的な制度となった。メディケアはAからDの四つのパートから構成される。パートAはおもに入院時の病院費用を保障するもので、現役時代に社会保障税を負担した受給資格を有する者に適用される(強制加入)。財源は社会保障税で、保険料は不要である。パートBは補足的医療保険で、おもに医師の診療費用、外来治療費用などを保障する。任意加入で、保険料を支払わなければならない。財源は加入者の保険料と国庫負担による一般歳入からの拠出金である。パートCはメディケア・アドバンテージとよばれ、1997年に導入された。メディケアと契約する民間保険会社が運営する保険。パートDは医師から処方される薬に適用される保険で任意加入。2003年に導入された。このほかの公的医療扶助制度として、生活保護受給者や低所得者、身体障害者などを対象とするメディケイドがある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メディケアの関連キーワードサイトサポート・インスティテュート年金制度[アメリカ合衆国]定額医療費支払い制度米国の医療保険制度住友生命保険オバマケア社会医学医薬品

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メディケアの関連情報