メバチ(英語表記)Thunnus obesus; bigeye tuna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メバチ
Thunnus obesus; bigeye tuna

スズキ目サバ科の海水魚。全長 2m内外。体は紡錘形でよく肥厚し,体高マグロ類中最も高い。頭と眼もマグロ類中最も大きい。胸鰭は長く,その後端は第2背鰭の後端に届くほどである。体の背面は青黒色,腹面は白色で,背鰭の先端や副鰭などはやや黄色を帯びる。世界の暖海に広く分布する。肉は淡桃色で軟らかく,やや不味とされるが,春から秋にかけてのものは美味になるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メバチ

サバ科の魚。地方名バチ,ダルマシビ,メブトなど。全長2mに達する。マグロ類中クロマグロ(マグロ)に次いで大きい。背面は黒青色。眼が大きいのが特徴。世界中の暖海に分布するが,日本海には入らない。すし,刺身などによい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メバチ
めばち / 目鉢
bigeye tuna
[学]Thunnus obesus

硬骨魚綱スズキ目サバ科に属するマグロ類の1種。大きなものは体長1.8メートルになる。眼径が大きいのが特徴であり、体は肥満型でダルマという呼称もある。太平洋、インド洋、大西洋の温帯から熱帯の海域に広く分布する。熱帯海域におもに生息するキハダと分布域が重なるが、メバチはキハダに比べて深い水層(低温域)にすむ性質がある。産卵場は熱帯海域にあり、温帯域に索餌(さくじ)回遊する。日本の沖合い海域も漁場となる。主として延縄(はえなわ)漁業により漁獲され、幼魚が熱帯域でのカツオ巻網漁業で混獲される。メバチの肉質はクロマグロやミナミマグロに次ぎ、刺身やすし種(だね)として需要が大きく、マグロ延縄漁業にとって重要な資源である。[上柳昭治・小倉未基]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メバチの関連情報